ノイタミナ「僕だけがいない街」ED担当のさユりがYKBXによるティザービジュアル第2弾解禁
三部けい氏原作で、既刊7巻までの発行部数が239万部、2015年これ読んで漫画RANKING BEST50第1位!漫画大賞4位など、大人気コミックが、フジテレビ“ノイタミナ”にて待望のアニメ化となる、本日1月7日~放送の「僕だけがいない街」。 「僕だけがいない街」は、過去と現在が連動する、超感覚サスペンス。交通事故など「悪い事」を察知するとその数分前に戻ってしまうというタイムリープ(時空移動)現象、“再上映(リバイバル)”に巻き込まれる主人公・悟が、遡った時間から事件や事故の原因を探り、謎を解き明かしいていく「時間逆行」サスペンス。 この「過去」と「現在」が連動する「僕街」の物語の余韻を深める、「翳(かげ)と希望」が主人公藤沼悟とも重なることで、早くも検索ワードが上昇中のエンディングテーマ「それは小さな光のような」。この曲を歌う”酸欠少女”さユりが、国内外で活躍中のビジュアルアーティストYKBXによるタイムリープなティザービジュアルを解禁した。   酸欠少女 さユりとは、”酸欠”した世界に対し独自の解釈で『光』や『翳(かげ)』を、アコースティックギターをかき鳴らしながら歌う、19歳の2.5次元パラレルシンガーソングライター。人と少し変わっている感性と価値観に、日々優越感と同じくらいコンプレックスを持つ、酸欠世代の象徴=「酸欠少女」として自身の世界観を自身に定着させることに成功した、現実にいるような、フィクションのような…、いわゆる2.5次元を漂うアーティスト。 また、数々のプロジェクトを手がける国内外で活躍中のビジュアルアーティストYKBXとのコラボレーションにより新次元で壮大に構築されていく新機軸のビジュアル展開もインターネットを中心に話題となっている新世代アーティストだ。 現実の世界に息苦しさを感じる「酸欠世代」の心情をアコースティックギターをかき鳴らし ながら歌う、虚構と現実の狭間に存在する。それが酸欠少女「さユり」なのだ。 過去に後悔しながらもそれを忘れずに、今を、自分を信じて進み始めることで、自分と同じ思いの「酸欠」な世代の救いになりたいと、過去と現代に挑みもがくさユりの姿と、雛月を救い出したいと誓い、「守りたいと思い」、過去に挑みもがく主人公悟の姿が重なる、「僕街」とさユりの精神がシンクロした「翳(かげ)と希望」の歌「それは小さな光のような」に、アニメの予告編で一部が公開された時点から期待のコメントが続々と寄せられている。 さユリの繊細で脆く、美しく無垢な、聴くものの心に寄り添い孤独を優しく抱きしめる歌声が、切迫感のある物語の余韻を深めるこの曲が、アニメ「僕だけがいない街」エンディングテーマに決定!が発表されて以来、漫画ファン、サスペンスファン、アニメファン、そして「さユりマニア」の間で話題沸騰の”酸欠少女”さユり。今回、まさに「過去に挑む」YKBXによる”虚構と現実の狭間”のティザービジュアルを解禁した。 「来世の鏡」を持つ3次元さユりの鏡に映る2次元の”さゆり” 鏡の中に映る、永遠の後悔の中で過去をループする”さゆり”の表情が物語るその鏡の世界とは?その先に見えている世界とは? 過去、現在、未来を行き来する2.5次元アーティストの謎に迫るヒントが今回のティザービジュアルは、「過去に挑み、未来を変えようとする思い」を歌った、アニメ「僕だけがいない街」エンディングテーマ「それは小さな光のような」と、カップリングに収録される「来世で会おう」の狭間に存在するビジュアルであり、今後解禁されるMVや2ndシングルのキーとなる、“来世と過去”がタイムリープしたビジュアル。 “酸欠少女”さユりの《”不完全な美”と“感情”》が、新たな世界に到達し、過去、現在、未来と時空を超えてループした世界での「翳と希望」が、主人公藤沼悟の姿と重なる、『それは小さな光のような』は、2016年2月24日に2ndシングルとしてリリースが決定している。 そして、同年4月23日には2回目となるワンマンライブが、渋谷wwwで開催することが決定!今回のワンマンライブは東京のみの開催となるが、今後発表される詳細をチェックして、是非さユりのライブを会場で直に体験してほしい。 フジテレビ“ノイタミナ”にて放送のアニメ「僕だけがいない街」エンディング・テーマで、さらなる「狭間」の世界へ突入する“酸欠少女”さユり。2ndシングル『それは小さな光のような』の発売も待ち遠しい、今後発表されるYKBXとのコラボも期待の新機軸の新章に注目だ。