走りの神を味方に!ベイビーレイズJAPANがヒット祈願
ベイビーレイズJAPANが、1月3日に新宿韋駄天尊にて、新曲『走れ、走れ』のヒットと新年の成功を祈願する初詣を行った。 この日は箱根駅伝の復路が行われ、青山学院大学が2年連続の総合優勝を果たした。青山学院大学の選手たちには、足の速い神とされる韋駄天のご加護があったに違いないと、その走りの神様に休息する隙を与えずに、新曲タイトルにかけて、新年の幸先の良いスタートを願ったベイビーレイズJAPANの5人。 メンバーを代表してヒット祈願の書き初めもしてきたリーダーの傳谷英里香は、「2016年は、私たちの熱量や魂をしっかり伝えていきたい。そのためには今年は私たちが主催するEMOTIONAL IDOROCK FES(エモーショナル アイドロック フェス)を成功させたいし、『走れ、走れ』のMVでは受験がテーマでしたが、文化祭にも出演させてもらいたいし、学生のみなさんとも何か出来ないかを考えています。野球やサッカーの応援歌も歌いたい。『走れ、走れ』をきっかけに夢に向かって頑張る全ての人と、私たちも一緒に走っていきたい」と新年の抱負を語ると、高見奈央は、「私たちも夢に向かっている途中なので、『走れ、走れ』のサビに『挑め』とあるように、色んなことに挑戦し続けている人たちと一緒に夢に向かっていけたらと思っています!」と語り、大矢梨華子も、「年末年始、駅伝選手や受験生と同じように私たちも走り続けました。年明け早々『走れ、走れ』をリリ―スしますが、2016年、良いスタートダッシュが切れるようにお願いしました。今年は、もっともっと加速していきたいと思っていますので、是非私たちベイビーレイズJAPANを見逃さないようにしてください」と語った。 さらに最年少の渡邊璃生は、「『走れ、走れ』の楽曲のように、これからどんなことがあっても走り続けていきたいです。そして、今年良いスタートを切れるように、去年よりも良い年にできるように、未来に向けて良いきっかけとなる1年になったらいいなとお願いしました」と話し、センターの林愛夏も「2016年は、ベイビーレイズJAPANとしてどんどん目立って、見てもらえる機会を増やしたい。私たちのパフォーマンスを見てくれた方に、ちょっとでも頑張ろうと思ってもらえたり、勇気とか希望を与えられる存在になりたいと思っています!」と力強く新年の抱負を語った。 昨年、彼女たちは「EMOTIONAL IDOROCK(エモーショナル アイドロック)」を掲げて活動し、年末には東京ドームシティホールでのワンマンライブがソールドアウトになるなど成功を収めた。今年は、2月13日にバレンタインライブが決定しているほか、ベイビーレイズJAPAN主催の「EMOTIONAL IDOROCK FES」の開催も発表されている。今年の活躍がますます楽しみなベイビーレイズJAPAN。昨年12月23日に発売されたLIVE DVDで、走り続ける彼女たちの今の姿を確認しながら、1月6日発売の「走れ、走れ」を待ちたいと思う。