小林幸子 紅白からニコファーレに再降臨!「ここが原点」
niconicoでは、「NHK紅白歌合戦」と初めてコラボし、小林幸子の歌唱時にniconicoを象徴するコメント弾幕をセットの一部として流すという史上初の試みを実施。小林の豪華絢爛な衣装に見事コメントが映し出され、さらにNHKのテレビ画面にコメントが流れるという歴史的な奇跡を実現させた。 興奮さめやらぬまま小林はNHKホールを後にして、19時から配信していたニコ生「第66回NHK紅白歌合戦 応援裏実況」の番組に降臨すべく、六本木ニコファーレへ車を走らせた。 紅白が終了してからわずか30分後に小林が到着すると、MCの松嶋初音、元NHKでもある中倉隆道らが熱烈なテンションで出迎えた。興奮気味の松嶋が「紅白終わってからいろいろ挨拶などあるんじゃないんですか?」と心配すると、「そういうのは前の段階で済ませておいて、終わったら何しろここに来たかったんです」と話した。コメントも「8888888」と感激の拍手が。松嶋が「幸子さんが、888888でやらなきゃいけないことがあると思うんですが…」と申し訳なさそうに切り出すと「ギャグ?うそうそ歌ですよね!何歌えばいい?」と問うと、松嶋がなんと『おもいで酒』をリクエスト。「千本桜は?」と確認すると、「いや、あの1曲歌っていただいたら、我々がアンコールすることになるので、自動的に2曲というシステムで」という松嶋に笑顔で快諾した。小林はニコ生MC・出演者陣わずか7人の前で熱唱。「さっき(NHKホール)は4000人だったのに」とその格差に笑いを抑えきれないようだった。 歌唱後松嶋は号泣、小林も「ここ(ニコファーレ)でカウントダウンライブをさせてもらったのが原点。niconicoを通じて、たくさんの人たちに応援していただいて、紅白復帰ももちろんたいへん嬉しいんですけど、今日こうやって紅白終わってからニコファーレの舞台に立てたことがもっと嬉しいんです。みんながいろんな意味で助けてくれたんですもの。ありがとう」と感慨深げに語った。 紅白をただひたすら観て実況する番組ながら、小林幸子効果は絶大で、来場者37万、29万コメントという異例の大盛況だった。 番組終了後、報道陣の質問に答え「反響はすごかったです。堺雅人さんや香取慎吾さんから”幸子さんすごいですね!”って言っていただいて、(紅組勝利について、白組司会の)井ノ原さんには”幸子さんは紅でも白でもないですけど、ほとんど紅だもんなあ”と言われました」と笑った。前日リハで不具合だった衣装セットに関しては「固定されて後ろが全く見えないんで、これから家に帰ってじっくり観るのですが、コメントが一旦集約されて、爆発して大画面にという演出でメガ幸子からネオ幸子へと進化したというイメージなんですよ」と語った。 第66回NHK紅白歌合戦 応援裏実況