アプガ「日本武道館にちゃんとたどり着かなきゃいけない」
7 人組アイドルグループ、アップアップガールズ(仮)が、12 月 31 日(木) に愛知・名古屋ダイヤモンドホールで、年越しライブ「アップアップガール ズ(仮) CD/J 15-6 カウントダウンジャンパー!」を開催した。 アプガ単独での初のカウントダウンライブは、2015 年のアプガを一気に見せ るような総決算的な内容であり、2016 年にアプガがさらに上を目指していく 意思表示を見せた、最高のスタートダッシュを切るライブが展開された。 ライブは、『全力!Pump  Up!!』『Shout!!!!!!』とパワー全開で始まる。メンバ ーは『ENJOY!ENJO(Y)!!』で、ビーチボールや一輪車などを使ってタイトル通 りエンジョイ。『お願い魅惑のターゲット』『バレバレ I LOVE YOU』などを歌 唱し、観客の盛り上がりもかなりすごい状態。 『虹色モザイク』からは、楽曲がDJ ミックス化された EDM メドレーへとなだ れ込む。『UPPER  ROCK』『青春の涙』などバキバキなサウンドから、センシテ ィヴな『Starry  Night』、キャッチーなメロディが光る『ランランラン』など、 カラフルなナンバーが次々と披露される。『美女の野獣』『(仮)は返すぜ☆be  your  soul』など、激しさを存分にアピールしたあとは、『チョッパー☆チョ ッパー』『ジャンパー!』で会場の熱量はレッドゾーンに突入した。 さて、いよいよ 2015 年も残りあとわずか。メンバーと観客が一緒にカウント ダウンし、時計の針が 0 時 0 分を指し 2016 年を迎えると、「ハッピーニューイ ヤー!」の声とともにメンバーがバズーカを発射。会場全体が「あけおめ」 のシャウトに包まれる。 新年一発目のナンバーは、『アッパーレー』でクレイジーになってお祝い。続 けざまに、『アップアップタイフーン』『アッパーカット!』でメンバーも観 客もテンションはマックス。 そして関根梓が、「2016 年がアプガファミリーと私たちにとってキラッキラな 1 年になるようにこの曲を歌います」と語ると、未来に向かっていく思いを歌 った「キラキラミライ」で締めくくられた。 アンコールは、巫女の衣装を着たメンバーが登場し、元旦気分を彩る『アプ オメっ!! 〜アプガのお正月だょ 全員集合!〜2016』を縁起よくパフォーマンス。 MC で、新井愛瞳から、4 月 5 日に発売される待望のニューシングルの 1 曲が、 PandaBoY 作の新曲『セブン☆ピース』になることが告げられた。さらに、関根梓から、重大なお知らせとして、3 月 26 日から始まる春ツアーの決定が発表。関根は、「すでに今年の予定がいっぱい決まっていますが、それは私たち 2016 年中に、何としても日本武道館にちゃんとたどり着かなきゃいけないと 思うから、言うだけじゃなく動き出します。アプガの目標に、7 人だけじゃな く、ファミリーと一緒に目指したいと思います。みなさんよろしくお願いします」と語った。 仙石みなみは、「私の今年の 1 年は、アプガを拡散する年にしたいと思います。 私は去年の10 月に、1 年間毎日続けていたブログをストップしてしまったんです。一度止めたらブログは書かないと言ってしまったので、武士に二言はないということで辞めたんです。でも、自分の思いも伝えられないし、アプガを広めたくてもできないし。ちゃんと決心がついたら、またやりたいです。 ちゃんと自分の思いやアプガを拡散したいんです。みなさんにもアプガのこ とを、“すごいクレイジーな 7 人がいるぞ”とかどんどん拡散してもらいたい です。今年の最大の目標である日本武道館で満員の景色で戦いたいので、そのためにも、もっともっとたくさんの方にアプガを知ってもらいたいし、広 めなきゃいけない1年だと思うので、みなさん拡散希望です。よろしくお願いします」と思いの丈を語ると、観客から大きな拍手と歓声に包まれた。 そして最後は『Party!Party!』で、会場全体が一体となっての大合唱となっ て、カウントダウンライブはフィニッシュとなった。 本公演のあと、深夜 2 時からは「UMF~アプガ ミュージック フェスティバル」 も開催。実にアプガらしい、密度の濃い新年の幕開けとなった。 2016 年のアプガは、日本武道館公演の実現に向けて本気モードで突っ走る。 元旦を強烈なライブで飾ったアプガが、ここからどんな猛攻を仕掛けてくる のか期待しよう。