ハロー!プロジェクト カウントダウン公演は全員で「五郎丸ポーズ」
今年で3年目となる、カウントダウンイベント「Hello!Project COUNTDOWN PARTY 2015 〜 GOOD BYE & HELLO ! 〜」。 ハロー!プロジェクトに所属する各グループが集結しが中野サンプラザにて行われた。1部の公演では12月31日をもってモーニング娘。’15を卒業する鞘師里保の卒業セレモニーも行われた。 2部公演では18歳以上のメンバーで力強く会場を盛り上げ、カウントダウンの瞬間はハロー!プロジェクトリーダーである℃-uteの矢島舞美からの提案により一同が2015年に流行った五郎丸ポーズで2016年の幕開けを迎えた。 年明けのステージでは、高橋愛、新垣里沙、光井愛佳のモーニング娘。OGメンバーが応援に駆け付けプラチナ期を彷彿とさせる一夜限りのスペシャルなステージを見せた。 本格的なパフォーマンスは2011年ぶりとなる光井愛佳は「会場のこの空気が大好きだなと思いました。」と笑顔を見せた。 続いてカントリー・ガールズの嗣永桃子と℃-uteの鈴木愛理、Berryz工房の活動停止以降、久々の登場となった夏焼雅によるユニットBuono!が待望の復活となり、ライブで欠かせない7曲を熱唱した。中盤のMCでは自身初となる念願の日本武道館公演が8月25日に決定したことが発表され、メンバーの夏焼は「この日はなんとマイバースデー!そして℃-ute、カントリー・ガールズ、私(夏焼)の新ユニットも一緒にフェスみたいな形でみんなで楽しく出来たらいいなと思います。」と喜びの様子を伝えた。 また、2016年に成人式を迎える℃-uteの萩原舞とJuice=Juiceの金澤朋子は新成人の意気込み等を発表し、憧れの先輩を聞かれた萩原は「オーディションを受けたときから後藤真希さんが大好き。いつ見ても素敵です。」と熱く語った。 ライブの終盤はハロー!プロジェクトの最年長グループである℃-uteが畳み掛けるように激しいパフォーマンスで圧倒し、会場が一つとなり大盛り上がりで幕を閉じた。 1月2日からは同ホールにて恒例のハロー!プロジェクト正月公演が行われる。