ゴールデンボンバー紅白で又吉直樹と相撲
ゴールデンボンバーが「第66回NHK紅白歌合戦」へ4年連続出場となり、代表曲である『女々しくて』を歌唱した。 毎回、ステージでサプライズを提供し続けてきたゴールデンボンバー。 今回は、「お金はかかっています!全てにおいて、いままでで一番かかっている」とサプライズについて記者会見では話していたが、本番ではなんと、ゲスト審査員として会場へ来ていた又吉直樹とステージ上で樽美酒研二が相撲をする無茶苦茶な展開に。又吉は衣装の下にシッカリと回しを付けやる気満々だった。 最後、又吉に勝利した樽美酒は除夜の鐘に頭から突っ込まれ「火花(が散った)」というオチでステージを終えた。