flumpool 3年半ぶりNEWアルバム決定!
flumpoolが、12月30日、横浜アリーナにて、単独では初となるカウントダウンライブ”flumpool COUNTDOWN LIVE 2015→2016「ヒツジの皮を被ったサルたちの歌合戦」”を開催した。 12月31日と併せて2日間行われるこのライブの初日となるこの日の公演は「未の忘年会」と題し、初の単独野外LIVEの成功、劇場アニメの主題歌担当など、充実した2015年を締めくくる、今年一年の総決算として盛大に行われた。 「会いたかったぜ、横浜!」とボーカルの山村隆太が観客を鼓舞し、オープニングから盛り上がりは最高潮。メンバーも初の単独でのカウントダウンライブということもあり、気合の入れようは尋常ではなく、その想いが会場と一体となって横浜アリーナを揺らしていた。『夏よ止めないで ~You’re Romantic~』をはじめ、2015年にリリースした楽曲が演奏されると、さらに会場はヒートアップ。タイトル通り“歌合戦”の如く、ポジティブだったり、メロディアスだったりするflumpoolのサウンドが、この一年を彩ってきたと言わんばかりに、会場に鳴り響いていた。 ライブの中盤を越え、初披露された『夜は眠れるかい?』では、ステージバックにセットされた一面のLEDパネルに投影された映像やレーザーや照明で、楽曲の持つエッジ―でスリリングな世界観を完璧に創り上げ、観客の度肝を抜き、大歓声が沸いていた。その後は『君に届け』『Hydrangea』などおなじみのナンバーで、年末と言わんばかりのテンションでメンバーとファンが一体となっていよいよクライマックスへ。会場を包む一体感が最高潮を迎える中、本編が終了し、鳴り止まない拍手に導かれたアンコールも、温かいMCとパフォーマンスで一気に駆け抜け、彼らにとっては激動だった一年を締めくくるかのように、ライブを優しく締めくくった。 また公演中、メンバーから、一足早いお年玉と言わんばかりに、ステージ上でうれしい発表があった。2016年3月に、ニューアルバム『EGG』をリリースすることが決定したニュースだった。 オリジナル フル アルバムとしては4枚目となる今作は、前作の『experience』から約3年半ぶりとなる。タイトルの『EGG』には、目の前にある「卵」をみてどう思うか?生まれてくる何か希望のようなものか、周りからの決めつけられた見られ方をしている窮屈な殻に閉じ込められた存在なのか、人それぞれ捉え方は違うその実態を、今の自分たちの音楽と重ね合わせ、リスナーそれぞれ思うままに感じ取ってほしいという強い意志を込めた作品集となっている。 収録内容は、2015年にリリースしたシングル表題曲『とある始まりの情景 ~Bookstore on the hill~』、『夏よ止めないで ~You’re Romantic~』をはじめ、ブルボン アルフォート「かんたんスモア」篇 TVCM ソングの『DILEMMA』など話題曲も含む、全14曲収録予定となっているとのこと。また今回、初回限定盤と通常盤の2形態発売されるそうだが、その初回限定盤に付属の特典DVDには、なんと4作品目のオリジナルフルアルバムということで、【4大特典映像集】と題し、2016年の年明けにメンバー4人揃って撮り下ろす、最新スタジオライブをはじめ、2015年の夏に開催した台湾でのライブ映像、シングル『夜は眠れるかい?』の初回限定盤DVDには収録出来なかったLIMITED TOURライブ映像+舞台裏を追ったドキュメント、さらには最新の Music Video及び撮影時のドキュメントが収録されるという。これまでにないボリューム感でコンパイルした超貴重な映像集はファンのみならず、手に入れたい作品となっていることは間違いないだろう。 決して見逃せない。 さらに、うれしい発表が続いた。そのアルバムを引っ提げた全国ツアー“flumpool 7th tour 2016 「WHAT ABOUT EGGS?」”を開催するというのだ。2016年4月からスタートするこのツアーは、前回の『MOMENT』以来約2年ぶりとなり、14都市22公演のツアーとなる。新しいアルバム『EGG』がどのようなものか、全国ツアーで新たなflumpoolを見届けよう。 またさらに、発売日が予定となっていた、シングル『夜は眠れるかい?』のリリース日も、2月10日に決定したことが発表された。LIMITED MOVIEも話題の、「亜人」の映画&TVシリーズ主題歌でもある今作から、2016年のflumpoolは、フルスロットル全開でスタートを切っていく。 ついに、ニューアルバム『EGG』、全国ツアー「WHAT ABOUT EGGS?」を発表したflumpool。 年末のカウントダウンライブから助走をつけ、2016年の年明けからシングル、アルバム、全国ツアーと一気に駆け抜けていく。flumpoolから絶対に目を離すな!! カメラマン:上飯坂 一