乃木坂46紅白直前リハは感動的な全力パフォーマンス
乃木坂46が「第66回NHK紅白歌合戦」当日となる直前のリハーサルに参加。 初となる紅白歌合戦の舞台。しかも、当日のリハーサルとあってメンバーは皆緊張をした表情だったが、いざ名曲『君の名は希望』の音が聞こえると、37名全員がキリッと勇ましい表情へ変化をし本番さながらの全力パフォーマンスを披露。 乃木坂46の持ち味である「アイドル性」が十二分に出ている素晴らしいステージだった。 特に、センターポジションの生駒里奈は、デビュー当時の幼さを残しながらも女性らしい表情を時折見せるようになり、神々しい雰囲気となっている。 2015年、最後のステージとなる乃木坂46。念願の紅白出場を果たし、全員で参加することでモチベーションは高いようだ。 本番に期待が持てるリハーサルだった。