callme全国ツアーファイナルで「この1年は人生の大きな決断をした年」
ガールズユニットcallme(コールミー)初の全国ツアー「callme Live Museum 2015 Who is callme?」が12月30日に川崎・クラブチッタにてファイナルを迎えた。 このツアーは、10月にリリースしたファーストアルバム『Who is callme?』を引っ提げたツアーで、12月13日の大阪・MUSE公演からスタートし仙台、名古屋にて開催された。 メンバーは1公演が終わるごとに、反省会を実施し“次のステージではさらに上をいくパフォーマンスを“とストイックに励んできたという。最終公演ではこれまでのツアーでは披露していなかった新曲『Go forward』『fly up』やMIMORIの弾き語り、そして既存曲をリミックスし新しい振り付けをするなど計17曲、ファイナルならではの演出が披露された。 MCではKOUMIが「初めてのことにチャレンジした半年でしたが、メンバーがいつも一緒にいてくれたからここまで来れたんだなぁと実感しました。そして来年は皆さんからいただいた気持ちを何倍にもしてお返しができるように頑張りたい」と応援してくれたファンへのお礼を述べた。 MIMORIは「皆の大切さを学んだ1年でした。だたこの1年で成長できたかというと、まだ少ししかすすめていないけど、これからも自分が信じた道を皆さんと一緒に進んでいきたい」と1年を振り返った。 最後にRUUNAが「この1年は人生の大きな決断をした年でした。そして実力がない中、沢山の方に支えられた1年でした。アルバムも受け取ってくれるがいないと作品を出すことができませんし、ライブを見に来てくれる方がいないとできません。今日もこの場所を埋めることができず、とても悔しいです。来年はもっともっと頑張り、この会場を埋められるように頑張ります。これからもcallmeをよろしくお願いします。」と心中を語った。 そして“それでも前に進もう”という気持ちを表すかのように、アルバムのラストソング『just trust』を歌唱し、本編が終了した。 沢山のアンコールの声援を受けてメンバーが再登場すると、来年3月と5月にシングルをリリース、7月30日には恵比寿リキッドルームでのワンマンライブ決定の発表がされた。 最後にデビュー曲である『To shine』、そしてアルバムのリード曲となった『step by step』を披露し、全国4カ所を回った全国ツアーが幕を閉じた。