AiZe初めてのワンマンライブ「初陣」大熱狂!ニコファーレが揺れた
踊ってみたダンスグループとして、ニコニコ動画を中心に絶大な人気を誇る5人編成ユニットAiZe。 このほど初めてのワンマンライブが実現。六本木・ニコファーレには心待ちしていた大勢のファンで熱気に包まれていた。このライブの模様はニコニコ生放送でも同時中継され、ニコファーレの全面スクリーンには「ニコ生してくれて嬉しい」「女の子ばっかり!」「コメントは任せろおおおおお!」など視聴者も全面協力体制でライブの幕開けを待った。 17時を少し過ぎた頃、スクリーンいっぱいに桜の花びらが舞い、ガリガリおじさん、ヒロ、夏樹、YOSHIKI、Ry☆の5人が1人ずつ登場、会場は黄色い歓声に包まれ、ボカロ曲としてもっともメジャーな『千本桜』をAiZeアレンジで披露。一気にテンションMAXに。 彼らは和テイストクールで魅了する“黒アイズ”、「あなたの笑顔を見るため」に踊り歌う笑いに貪欲なエンターテイメント集団“白アイズ”という2つの顔を持っている。 『吉原ラメント』(黒アイズ)、『恋愛勇者』(白アイズ)などボーカルナンバーのほかにも、ボカロ曲に合わせ、妖艶な殺陣で和を表現したり、HIPHOP系のハードなダンス、またポップで可愛い振りなど、様々なジャンルのダンスパフォーマンスを次々繰り出し、見るものを飽きさせないテクニックは圧巻。熱い声援を送りながら釘付けになっているうちにあっという間に時が流れる。 中盤には企画として「大喜利」コーナーが。ダンスパフォーマンスや歌だけでなく“笑い”にも全力の彼らは、「IPPONグランプリ」をリスペクトし、難題に挑戦。メンバーそれぞれの個性が出た回答に、観客も大きなリアクションで盛り上がった。 終盤は最新CDに『千本桜』とともに収録される『いーあるふぁんくらぶ』を初披露。さらに『神のまにまに』『地球最後の告白を』を立て続けにパフォーマンスし、会場は熱狂の渦に。 鳴り止まないアンコール、コメントにも数えきれない「アンコール!!!」の弾幕状態。それに応え、再び登場したメンバーが用意した曲は『+♂(プラスダンシ)』。会場はさらに大きな歓声を上げた。Ry☆は「アンコールありがとうございます!まだまだ盛り上がる元気があるんですね!じゃあ、言ってよー」と笑った。つづけて「結成して1年と少しで、ワンマンライブをさせていただいて、スタッフのみなさんに本当に感謝します。それから会場のあなたたち、生放送のあなたたちがいてくれたからこそです。これからも僕たちに付いて来てください!」と力強く話し、温かい拍手と声援に包まれた。 最後の曲『#ええじゃないか』では、会場といっしょにタオルを振り回し、ユーザーも「@@@@@」で参加し、初のワンマンライブは大成功のうちに幕を閉じた。 本編終了後、観客が帰ろうとするところで、スクリーンに“AiZeいよいよ本格始動”の文字が。期待を込めた悲鳴を上げるファンの前に次々発表された。 2月14日バレンタインデーに池袋・ニコニコ本社にてファンミーティングの開催が決定。さらにファーストアルバムの制作が決定。そしてそのアルバムをひっさげて、「AiZe × JOYSOUND」全国JOYSOUNDファンミーティング TOURが決定した。2016年4月よりSTARTする。そして6月12日(日)、duo MUSIC EXCHANGEでのワンマンライブも発表された。怒涛の重大発表にしゃがみ込んだり、泣き出したりする観客も。 2016年、ますますAiZeから目が離せない。 AiZeワンマンライブ「初陣」〜みんなの笑顔が見たいだけ〜@ニコファーレ