小林幸子 紅白で「ネットユーザーも演歌ファンも楽しめる」宣言
「第66回NHK紅白歌合戦」が今年も放送される。テーマは「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」。 初出場となるアーティストが紅白合わせ10組と、新たな紅白歌合戦を予感させる中、小林幸子が紅白歌合戦に帰ってきた!しかも、「niconico×NHK紅白歌合戦 特別応援企画」の発表もあり抜群の注目アーティストとなっている。 記者会見に応じた小林幸子は紅白歌合戦を「日本一のバラエティーステージ、離れていたからすごくよく分かりました」と説明すると、「ラスボスとして帰ってきたという意識が皆さんにあるみたいで」と復帰を話す。 今回、話題となっている衣装については「搬入はしました」とその大きさを物語るコメント。「ネットユーザーの人たちもものすごく喜んでくれる内容になっていまして、かと言って私が育ててもらった演歌のファンの方々も楽しめると思います」と特別な衣装になることを予感させる発言をした。 歌唱するボカロ曲『千本桜』については、「みなさん初音ミクをご存知かと思いますが、この歌がネットユーザーの中でどれくらい愛されているか…音楽の新しい時代の中での楽曲なんです。カラオケで10代、20代でダントツに人気があるんです。そういう楽曲があるということを、わたしを通してこんな面白い音楽があると、楽しんでくれればいいなと思います」と意気込みを語った。 第66回NHK紅白歌合戦 応援裏実況