AKB48高橋みなみ 紅白の大舞台でイリュージョンに挑戦「失敗したら卒業延期!?」
「第66回NHK紅白歌合戦」、今年は紅白合わせて52組が競演。また、今年のテーマは「ザッツ、日本!ザッツ、紅白! 」。”これぞ紅白”と思わせるエンターテインメントの決定版が繰り広げられるが、29日からリハーサルが順調に行われ、AKB48も参加した。 高橋みなみと宮澤佐江にとってはメンバーとして最後の紅白となるが、宮澤は「出られなかったSKE48の分までAKB魂を受け継ぎ頑張ります」と意気込み、高橋は「去年も最後と言う気持ちで臨んだのですが、今年は10周年としてハレの舞台に出ることが出来、そしてイリュージョンということで、最高のパフォーマンスをお見せしたいです」とこちらも力が入っている。高橋と言えば以前「ミュージックステーション」でイリュージョンに挑戦し、失敗した経験がある。「最初聞いた時は”マズい!”と思いました。増してやプリンセス天功さんの監修ということで、絶対失敗は許されません!」と自身にプレッシャーを掛けていた。「もし失敗したら、卒業延期します!」とも応え、メンバーから「えーーー!」とブーイングを受けてしまった。毎年紅白で卒業発表するのでは?と書かれてしまう小嶋陽菜は「今年はたかみなが主役なのでないと思いますよ。たかみなが失敗したら場繋ぎで(卒業発表)するかな?」とおどけた。 HKT48では出場が叶わなかったが、AKB48で出場する指原莉乃は「それをSNSに書いたら、松本(人志)さんに、”AKBで出るんやろ?”と言われまして。こうして満面の笑みで出させていただきます。来年はHKT48として満面の笑みで出場したいです」とリベンジを誓った。