Base Ball Bearが見せる完全再現ライブとは?
12月24日、渋谷CLUB QUATTROにてBase Ball Bearのコンセプトライブシリーズの第2弾となる「LIVE IN LIVE vol.2~C to C2~」が開催された。 このシリーズはBase Ball Bearがこれまでリリースしてきた楽曲を余すところなくライブで披露するために企画されたもので、今回はタイトルどおり彼らの1stアルバム『C』と“2枚目の1stアルバム”と位置づけられた最新アルバム『C2』の完全再現ライブが実施された。 セットリストもアルバムの曲順そのままで、1曲目の『CRAZY FOR YOUの季節』から鉄壁のバンドサウンドと呼ぶにふさわしい演奏力をもって、ベボベ流のギターロックのダイナミズムを解放しながら、間断なく曲を重ねていった。『祭りのあと』『ELECTRIC SUMMER』という4つ打ちのビートで疾走する楽曲では、このスタイルの草分け的な存在としての説得力と『C2』で獲得したタフな横のグルーヴを誇示するようにフロアを揺らした。 いきなりトップギアで進んでいく状況に小出祐介は最初のMCで「キツい! マジで動悸がしてるんですけど、救心ないですか?(笑)」ともらしていたが、それほどライブの熱量は序盤からとんでもなく高かった。今のBase Ball Bearが体現するからこそ、『C』がいかにギターロックバンドの作品として豊かで刺激的な作品だったかということがあわらになった。『SHE IS BACK』で『C』パートを終えると、メンバーは一度ステージからはけた。 転換時に会場に流れたのは、リズ・オルトラーニの『Ti Guardero’ Nel Cuore (More)』『Cannibal Holocaust』。映画音楽で著名な作曲家によるムーディーな楽曲でクリスマス・イブにふさわしい演出をしたと思いきや、その後のMCで小出からこの2曲は『世界残酷物語』と『食人族』のサウンドトラックに収録されているものであることが明かされる。このあたりの“粋ないたずらごころ”はなんとも小出らしい。 白を基調とした衣装だった『C』パートを経て、黒で統一したそれに着替えたメンバーは、「『それって、for誰?』part.1」から『C2』パートをスタート。衣装同様、黒いファンクネスが映えるディスコサウンドに現在進行形のBase Ball Bearの音楽像が浮かび上がる。『こぼさないでShadow』『美しいのさ』『カシカ』『ホーリーロンリーマウンテン』『HUMAN』など、先日終えたばかりのツアー「三十一歳」ではセットリストに組み込まれなかった楽曲でも、揺るぎなく血肉化された演奏力が浮き彫りになっていった。ギターではなく、リズムセクションを主体にした方法論にシフトチェンジしたことによって、彼らの音楽性は本当により強靭なものになった。 メンバーが一様に「『C2』というアルバムを作ったことに尽きる」と語った2015年を経て、小出は「来年は、Base Ball Bearが好きな人にとっても、あらたにBase Ball Bearと出会う人にとっても楽しい1年になると思います」と断言。そう、2016年でBase Ball Bearは結成15周年とデビュー10周年を迎える。ラストは「今のBase Ball Bearのテーマソング」である「『それって、for 誰?』part.2」。 “砂漠に水を撒く”ようにして音楽シーンの土壌を潤うそうとするバンドの決意を込めた歌を、スウィング感に富んだアンサンブルで息吹かせ、「LIVE IN LIVE vol.2~C to C2~」の幕を下ろした。 2016年のBase Ball Bearをつぶさに目撃したい。そう思わせるに十二分なライブだった。 (カメラ/Viola Kam (V’z Twinkle)) 【Base Ball Bear「LIVE IN LIVE vol.2~C to C2~」2015.12.24 渋谷CLUB QUATTRO】 1.CRAZY FOR YOUの季節 2.GIRL FRIEND 3.祭りのあと 4.ELECTRIC SUMMER 5.スイミングガール 6.YOU’RE MY SUNSHINEのすべて 7.GIRL OF ARMS 8.DEATHとLOVE 9.STAND BY ME 10.ラストダンス 11.SHE IS BACK 12.「それって、for誰?」part.1 13.こぼさないでShadow 14.美しいのさ 15.曖してる 16.文化祭の夜 17.レインメーカー 18.どうしよう 19.カシカ 20.ホーリーロンリーマウンテン 21.HUMAN 22.不思議な夜 23.「それって、for誰?」part.2