EGOIST 初の5大都市ツアー完走にchelly感涙
ryo (supercell)がプロデュースを手掛ける架空のアーティスト、EGOIST。 “劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス”に続くノイタミナムービー第2弾 【Project Itoh】の、全作品主題歌を担当していることで話題の中、11月より自身初の五大都市ツアーを実施している。 今回のツアーは「EGOIST JAPAN TOUR」と題され、東京・名古屋・大阪・札幌・福岡と五大都市を回ってきた。札幌と福岡は初のライブ実施となり、満を持してのツアーとなっている。そして再び東京に帰ってきたEGOISTは、本日ツアーファイナルを、ZeppTokyoにて超満員の中実施した。 副題として、「re*virth」が掲げられたツアーファイナルは、これまでのセットリストを逆(リバース)にして披露していくという演出が施され、本編のツアーとは一味違った内容となった。 5大都市計6回公演を終えたchellyは、今回のツアーを振り返り、「本日、2015年歌い納めです。このツアーを通して、全国5箇所回ってきましたが、各地各地で想い出をたくさんいただきました。そしてまた、ファイナルでここ東京に戻ってきて…感無量です。私も進化している実感がありますし、何よりもみなさんの進化も凄いです!この盛り上がり凄い!ありがとうございます。」と語り、自身の成長も実感していることと、何よりもファンへの感謝を伝えた。 アンコールでは、このツアーとともに“アンセム”として成長した楽曲「1.4.2」を披露すると、 会場はこの日1番の一体感に包まれた。また、ライブ中には、来年2016年3月に実施されるの台湾ワンマンライブの実施が発表となった。これまで「ASIA TOUR」と題して海外でワンマンライブを行っているが、香港・シンガポール・上海に次いで、台湾は4ヶ国目となる。2016年もEGOISTの活躍に目が離せない。