チキパ まさかのシスター姿で定期ライブ
チキパことCheeky Paradeが六本木・ニコファーレで定期ライブのVol.2公演を行った。1部がコンセプトにもとづくライブ、2部は対バンという構成。 今回の1部の企画ライブのテーマ、「天使にラブ・ソングを・・・」に基づいたPR写真がまたしても“ご本家”にソックリでザワついていたこちらの公演。 冒頭では前回に続いて“映画ヲタク”島崎莉乃扮するスティーブン・シマザキバーグが登場。「天使にラブ・ソングを・・・」のコンセプトをやはり丁寧に説明してくれる。ちなみに、前回の定期公演よりも肩幅が更に大きくなっているのは気のせいではない。まず、度肝を抜かれる演出だったのが、全員のソロ歌唱があるということ。この定期ライブが“実験的LIVE”とうたわれていたことを思い出させる。特に、メインヴォーカルを担う、山本真凜・鈴木友梨耶・永井日菜のそれぞれのソロはしっとりとしたアコースティックアレンジで歴然とした歌唱力を感じられる演出。見事に、そして立派に、歌い上げる姿に会場からは大きな拍手が沸き起こった。リーダーの関根優那はピアノの弾き語りを披露。器用な一面をみせた。 対照的だったのは、小鷹狩百花扮する“ポンポンMOMOKA”のソロ。昭和のアイドル風にアレンジされた楽曲で、ポンポンを体中にくっつけて歌唱。チキパの芸人枠を見事完遂した。ちなみに、コンセプトの「天使にラブ・ソングを・・・」どおり、シスター衣装で登場したチキパ。しっとした楽曲アレンジに上手くマッチしていて、何だか不思議な気分にさせられるワンマンライブだった。言うなれば、「シスターの衣装とアレンジ次第でラブソングに聞こえてしまうチキパソング集」的なライブに見事まとまっていた。そして、なんといっても見所だったのは新曲。めずらしくミディアムバラードの『faith』を初披露した。 同時に、6枚目のシングル『SKY GATE』が2月24日にリリースされることも大発表。披露した『faith』も収録されることが発表され、会場は一気に歓喜の渦へと巻き込まれた。 一転、2部はTEMPURA KIDZと2マンライブを展開。きゃりーぱみゅぱみゅのバックダンサーを務めていた経歴を持つ5人グループ。天才的なまでの独特なダンスパフォーマンスで『ONE STEP』『LOLLiPOP』などシングル楽曲含む9曲を披露。対してチキパは、最新楽曲『M.O.N.ST@R』『カラフルスターライト』、更に1部で披露した新曲『faith』を立て続けに披露し、バリエーションの高さを魅せつける。 最後はなんと、ダンスバトル!キレキレのダンスで一気に会場のボルテージが上がったところで・・・ラストに投下されたのはTEMPURA KIDZの『CIDER CIDER』とチキパの『Tactics』のマッシュアップソングの『TactiCIDER』。一夜限りのミラクルなコラボレーションはもちろんのこと、楽曲の完成度がひときわ光っていたのも確か。両チームの音楽性の高さが余韻に残る2マンライブとなった。 なお、来年1月15日に行われるチキパ定期ライブVol.3のコンセプトは「地獄の黙示録」。なんと90分ノンストップライブ、持ち曲全曲披露が告知された。 新年早々のチキパの新たな挑戦も見逃すなかれ。毎回恒例のPR写真の解禁にも期待がかかる。