スガシカオ 新作『THE LAST』限定盤が発売前にして「完売」続出!
1月20日(水)に6年ぶりのオリジナルアルバム『THE LAST』を発表するスガ シカオ。現在、スガはニューアルバムの生ライブ試聴会を含むワンマンライブツアー「SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015『THE LAST』」を開催中で、本日東京公演の1日目がZepp DiverCityで行われる。 『FUNKASTiC』から、約6年を経て発表される通算10枚目となるオリジナルアルバム『THE LAST』は、小林武史との共同プロデュース作となっており、『アストライド』と今作の為に書き下ろしされた最新曲10曲を加えた全11曲が収録される。 2014年、スガはメジャー復帰シングル『アストライド』で独立時の微かな希望を歌った。ここではスガが一人になってからの逆風や不安の中で、前を向いていかなければならない自分の意志を率直に表現している。そんな『アストライド』の世界観をベースに構築されたニューアルバムには、その序章、つまり前進しようとする決意に至るまでを綴った『ふるえる手』を筆頭に、ゲストドラマーとして金子ノブアキが参加したロックナンバー『大晦日の宇宙船』、猟奇的な愛を歌う『あなたひとりだけ 幸せになることは 許されないのよ』といった、これまでのスガの楽曲とは一線を画した攻撃性が渦巻いた“剥き出しのスガ シカオ”を余すことなく表現した楽曲群を収録。本ツアーの生ライブ試聴会に参加することができたファンからは、『THE LAST』を絶賛する声が多数寄せられており、ファンの間ではすでに“超大作”の呼び声が高まっている。 また、作品とともに注目を浴びているのが、2011年の独立から再デビューまでを一気に振り返ることのできる“音源集”として、生産限定盤に付属の『THE BEST』。この『THE BEST』はインディーズ時代に配信リリースした『Re:you』からシングル『アイタイ』、更には2014年のメジャー復帰シングルに収録の『LIFE』から配信のみでリリースされた『モノラルセカイ』まで、2011年の独立からのスガ シカオを一気に振り返る事ができる全11曲をリマスタリング音源で収録したSPECIAL CD。作品の前評判と相俟って、この『THE BEST』が付属する生産限定盤は全国的に多数の予約が入っている。すでに大手eコマースサイトでは、特に完全生産限定盤が予約段階で完売し、プレミアがつくところもあるなど入手困難な状況になりつつある。 この状況を受け、レコードメーカーの販売促進担当者は、次のように語っている。 「完全生産限定盤は、準備していた数に対して予想をはるかに上回る早さで、予約をしていただいており、すでに発売日前にして完売の店舗が続出してしまっています。手に入れたい方はまだ予約可能な店舗をお探しいただき、早めのご予約をおすすめいたします。完全生産限定盤の完売店続出に伴い、初回限定盤の予約も急激に伸びております。『THE BEST』は初回限定盤にも付属しますが、今後こちらも早い段階で品薄になってくることが予想されます。」とのこと。ぜひ早めに予約しよう! そして本日、そんなニューアルバムから、闘病中の友人に想いを馳せてスガが歌詞を制作、共同プロデューサーである小林武史が自らピアノを弾き、さらにゲストギタリストにJUON(FUZZY CONTROL)を迎えた新曲『真夜中の虹』の先行配信がスタート!合わせて、iTunes Storeではニューアルバム『THE LAST』のプレオーダー(予約注文)も開始されている。ぜひともチェックしよう。