大橋トリオが斉藤和義とコラボ!NEWアルバムからMVも公開
先日、約1年ぶりのオリジナルアルバムのリリースを発表した大橋トリオ。そのニューアルバムに収録される新曲『愛で君はきれいになる』がミュージックビデオのショートヴァージョンが本日より公開された。 そしてこの楽曲でギターを弾くのは何とあの斉藤和義。斉藤和義と大橋トリオは本アルバムで2曲のコラボレーションを実現。 MVとなっている「愛で君はきれいになる」はギターの参加となっているが、「恋するライダー feat.斉藤和義」では大橋とともにメインヴォーカルとして参加しており、アルバムの冒頭を飾るトリオ流サイケなロックチューンとなっている。 2016年2月3日に発売されるニューアルバム『10(TEN)』。”歌”と”リズム”で極限までにシンプルにロックした、大橋トリオ通算10枚目のオリジナルアルバム。本作は2013年に「ロック」をテーマに発表されたアルバム『plugged』の延長線上にあるものの、より彼の真骨頂であるピアノ、キーボード、ギターにフォーカスし、ピアノロックやディスコファンクなどのテイストを反映した個性的な楽曲達で新たなるサウンドスケープを展開。これこそ間違いなく大橋トリオのメロウネス・ロックと呼べるのではないか。 そしてDVD付きには新曲「愛で君はきれいになる」のMVと前回のNHKホールでのツアーファイナルライブ映像を完全収録。さらに大橋トリオの映像を高画質・高音質で楽しめるBlu-ray盤の発売も決定している。 このオリジナルアルバムを引っさげた全国ホールツアーも決定しているのでぜひそちらもチェックしてほしい。 新作の発表とともに2016年は、大橋トリオの動向から目が離せなくなりそうだ。