注目のサックス・プレイヤー 前田サラがデビューアルバムリリース
ストリートや教会での演奏を重ね、中村達也に誘われ、KenKen、CHABOらのバンド(the day)にゲスト・プレイヤーとして参加。全国のフェスなどに出演し注目を浴びる女性サックス・プレイヤー、前田サラがデビュー・アルバム『フロム・マイ・ソウル』を発表。 『フロム・マイ・ソウル』はグラミー賞を多数受賞するファンキーなジャズ・サックス・プレイヤー、デヴィッド・サンボーンのプロデューサー、バンド・リーダーでもあり、プリンスとの親交の深いリッキー・ピーターソンがプロデュース。プリンスのサポート・ミュージシャン等とミネアポリスでレコーディングされた。 前田サラは「ミネアポリスでのレコーディングはすごい経験でした。日本でやっていて見えないことがばーっと見えて、自分の運命を変 えてしまうと思えたほどですから。だから、レコーディングしていて楽しくてしょうがなかったですね。リッキー・ピーターソンが集めてくれた向こうの一流の 人たちって、一切の妥協もなく、いいものを作るために一丸となるんです。それを目の当たりにし、これはもう深く考えちゃ駄目、とにかく自分らしいものを心 を込めて作れたらいいなとサックスを吹いてきました。結果、自分の出したいサウンドは作れたと思います。ファンキーでソウルフルなものが出来たし、本当に 思いを込めることが出来ました。アルバム・タイトルもそういう意味を込めているんです」とコメントしている。 東京・高円寺の環七沿いでサックスの練習していた前田サラの演奏を偶然通りがかった中村達也(元BLANKEY JET CITY)が聞いて、後日バンド(the day)に誘ったほどのエモーショナルでエネルギッシュな魅力あふれる演奏が収録されている。 また前田サラのデビュー祝して、たくさんの豪華アーティスト達からメッセージも届いている。 サラ様。遂にニッポン・メジャー音楽業界とやらに一石を投じたか。やるな。君のサックスの響きと、音色が、君を導いてくれるだろう。吹きまくってくれい。 <中村達也> Hey.Sarah! 祝!CDデビュー!yeah!かっちょいいぜィ!選曲とても興味深かったぜィ。君はこの先どんなふうに恋をしたり、明日を未来を描いてゆくんだろう?…..。ワォー!サックスを携えて、今始まったばかりの君のキャリアに祝杯を!。そのスリムなボディから生み出す、パワフルでカラフルな「 Sarahという音色」をますます磨いて、たくさんの人達にHotな音を届けてくれい!デビューおめでとう! yeah!またジャムろうぜーィ! <仲井戸“CHABO”麗市> はじめて音を出した時に、「あ、イケてる人いる!」と思った。意外と少ないのよ?そういう人。いつもの素敵な笑顔で、世の中を楽しくしてあげてね。アルバム発売おめでとう。 <KenKen> この若さで?!という言葉は無礼だ。サラのサックスは魂を刺激する! まるで全ての悲しみも憎しみさえも超え、時に儚く時に力強くそして艶っぽく…俺たちの心に刺し込んでくるのだ! <竹中直人> サラは普段の柔らかい雰囲気とは裏腹に、ライブでは誰にも遠慮などせずにどこまででも飛んで行きそうなソロをぶちかましてくれる最高のプレイヤー。いつもステージで僕らが感じているサラのSoulをこのアルバムには詰まっている。 <蔦谷好位置> 初めて一緒にやったセッションのことを未だに鮮明に覚えてるよ。女子のプレイヤーを舐めてるわけではないけど、サラはある種の別格感があったんだよね。ファンキーなプレイができる奴はいっぱいいてもファンキーに響かせるSOULを持っている。それが前田サラかなー。メジャーデビューおめでとう! <竹内朋康> サラちゃんは、いつも笑顔で本当に可愛らしい女の子です。でも音を出した瞬間に目が変わる!! 即興で吹くソロが本当にかっこいい!!音楽家として、サックス奏者として、日本の音楽業界になくてはならないサラちゃん。音楽の道を志すたくさんの若い世代にも影響を与えられる女性だと思っています。 これからの活躍がますます楽しみです!!GO! Sarah! <福原美穂> 少女のような面影とは似合わない、現場で叩き上げられた真の強さと、信じ抜くチカラ。神からのギフトに対し最大限の努力で応えたアルバム! <元晴> 前田サラは神から選ばれた唯一無二のサックス・プレイヤー。彼女のサックスを聞けば今までのサックス・プレイヤーと何かが違うのは一耳瞭然!!作品も彼女のために神がを用意してくれたような最高峰のミュージシャンの飛び切りなサウンド。クリスチャンとしてそしてミュージシャンとして、僕はこの素晴らしい彼女の作品を誇りに思うと共に、彼女がこれからの日本を音楽に光を差し込んで行くことを確信しています。 <上條 頌> 牧師の娘でゴスペルフリーク、はじめて彼女のプレイにふれた時、アレサ・フランクリン、マーヴィン・ゲイといったゴスペル出身のブラックミュージシャンを思いうかべた。日本人で幼くして彼らと同じような環境で腕を磨いてきたミュージシャンにはじめて出会った。おだやかに話す美少女がひとたびアルト・サックスを手にすると、メシオ・パーカーやローランド・カーク顔負けのファンキーでエモーショナルな音をだす、度肝を抜かれたのは僕だけではないはず。 <S-KEN>