Plastic Tree 3年ぶりNEWアルバムを初ハイレゾ配信!3月から全国ツアーも開催
ロックを基軸に、幅広い音楽性で進化を続けるバンド“Plastic Tree”。 およそ3年振りとなる待望のニューアルバム『剥製』だが、12月23日についにリリースとなった。 フルとしては 2012 年 12 月リリースアルバム『インク』からおよそ 3 年の時を経て放たれる13 作目のアルバムの今作は、シングル『マイム』、『スロウ』、『落花』を含む全 12 曲収録。結成 22 年のキャリアの中で最もメンバー個々のソングライティングがぶつかり合った今作は、「バンド」としての円熟味と瑞々しさが同居した一つの到達点。 初回限定盤は劇団イヌカレー・泥犬監修のメンバーフォトブックと歌詞・アートワークで構成される豪華80Pスペシャルブックレットに加え、なんと世界に1つだけのブックレットが作れる24P塗り絵ブックレットが付属。アナログEPサイズの豪華装丁BOXに入った重厚感溢れる仕様になっている。シングル3部作で話題となった劇団イヌカレー・泥犬とのコラボアートワークの集大成といえる豪華な作品に。 そしてこの記念すべきアルバム『剥製』はハイレゾ配信もスタートしている。バンドとしては初のハイレゾ配信であり、音の繊細さやバンドサウンドの音圧をぜひ体感してみてほしい。 ちなみにアルバム発売日となる12/23(水)22:00~はアルバム発売を記念してAmebaFRESH! Studioにてメンバー出演の特別番組が実施される。ニューアルバム『剥製』のことはもちろん、メンバーのパーソナルな部分にも迫った番組となるのでこちらもチェックしてみよう。 また、アルバムリリース後の来年3月からこのアルバムレコ発ツアーとなる「Plastic Tree 春ツアー2016『剥製』」を開催することも決定。3月16日(水)の川崎クラブチッタからスタートし、5/8(日)TOKYO DOME CITY HALLでツアーファイナルとなる全国18公演。 アルバムを聴きこんで参戦してみてほしい。