テレ東新春時代劇 東山紀之が織田信長役を熱演
昭和54年(1979)から毎年1月2日に長時間の娯楽時代劇を放送しているテレビ東京が、2016年1月2日に38作目となる「信長燃ゆ」の放送を決め、その製作発表記者会見が都内のホテルで行われた。 2016年の今作は、は安倍龍太郎原作の時代小説を初映像化。当日は、織田信長を演じる東山紀之、恋仲の勧修寺晴子役の栗山千明、明智光秀役の石丸幹二、敵役となる近衛前久役の寺尾聡、その息子近衛信基役・佐藤隆太、森蘭丸役の中島裕翔(Hey!Say!JUMP)、森坊丸役・神山智洋(ジャニーズWEST)が登壇した。 冒頭東山は「信長は一度は演じてみたかった人物。王道の役で諸先輩方がたくさん演じて来られましたが、自分は”本能寺の変”1年半前の成熟した政治家のイメージを大事にしました」と語った。 和を意識したドレスで登場した栗山は「やさしい強い女性だなあと感じながら演じました。」と笑顔で語った。 記者から「NHK大河ドラマ”真田丸”では吉田鋼太郎さんが演じられます。時期が近いですが意識されますか?」との質問が飛び、東山は「”おれを超えてみよ!”と言いたいです(笑)。勝っているのはルックス含めて全部です!」と応え会場を笑わせた。 フォトセッション時には紅一点の栗山を、ジャニーズ若手の中島と神山に「エスコートして!」と耳打ちする東山。彼らがぎこちなく手を差し伸べると「だいじょうぶです」と笑顔を断られ、ドギマギする2人を見て、温かなまなざしを送っていた。 東山は現在49歳、信長が”本能寺の変”で散る年齢と奇しくも同じということに運命すら感じる。次代の時代劇の後継者との呼び声も高い東山が、美形、知的、勝負強さを兼ね備えた、人気名実ともにNo.1戦国武将、織田信長を演じることが大きな意味を持つと言うことを新春2日の放送で見届けていただきたい。 新春時代劇「信長燃ゆ」は2016年1月2日(金)21:00から3時間、テレビ東京系で放送される。