乃木坂46感動の日本武道館、紅白へは「37人全員で」
乃木坂46が「乃木坂46“Merry X’mas Show 2015”」を日本武道館で開催した。 毎年、年末に開催している「Merry X’mas Show」、今年は2年振りに日本武道館で開催となり、17日、18日はアンダーメンバーによるアンダーライブ、20日、21日がMerry X’mas Show 2015という形で、グループとしては4日間の開催となった。 人気の高さを証明するかのように連日超満員。初日17日の公演では、1期生の永島聖羅が乃木坂46を卒業することが発表されるなど、サプライズがあった。 2015年12月21日、一曲目『命は美しい』から「Merry X’mas Show」はスタート。途中MCでは、メンバーそれぞれのクリスマスの思い出話などここでしか聞けないトークが展開され、ファンを喜ばせた。 また、メンバーの高山一実がプロデュースした「X’mas LOVE STORY」と題した妄想全開のプログラムも用意され、生田絵梨花などが甘酸っぱい演技を披露した。 MCでは、星野みなみは「あっという間の一年でした」と話せば、齋藤飛鳥は「欅坂ちゃん(欅坂46)が出来まして、私のファンが、私のことを好きって言ってくれている上村莉菜ちゃんに推し変するって言ってくるんです!」とまさかの告白。会場はなぜか大歓声に包まれた。 また、毎年2月に開催していたデビュー記念LIVE「BIRTHDAY LIVE」が公演延期となると「悲報」が発表された。理由としては、ライブハウスやコンサート会場の改修などによる2016年問題の影響もあり、大規模な会場が抑えられなかったことが原因という。会場が見つかり次第、発表があるとのこと。 紅白出場を決定している乃木坂46。楽曲は『君の名は希望』に決定しているが、キャプテン桜井玲香から「37人全員で紅白の舞台に全メンバーで参加します」と嬉しい発表が。 ダブルアンコールの『乃木坂の詩』まで大興奮のステージを披露した。 最後に永島聖羅が一人で舞台へ登場し「ここまでささえてくださって、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を目に涙をためながら精一杯の笑顔でファンへ伝え、LIVEは終了した。