大阪発Espesia 新曲は山根康広×藤井尚之コンビの話題作
今年2月にミニアルバム『Primera』(プリメーラ)でメジャーデビューを果たした大阪在住の5人組ガールズグループEspeciaが、12月20日に行われた全国ツアー沖縄公演で約1年振りとなるアルバムのリリースを発表した。 タイトルは『CARTA』(“カルタ”とはスペイン語で手紙という意味)、来年2月24日に発売予定で『Primera』がミニアルバムとしてのリリースだった為、今作はメジャー初のフルアルバム作品となる。 エスペシアと言えば結成当初よりその独自のサウンドスタイルが楽曲志向のリスナー層から高い評価を受け、アイドルカテゴリーの範疇に収まらない個性派グループとして強烈な存在感を示してきた。前作『Primera』では従来のエスペシアサウンドを踏襲する事に留まらず、若旦那とのコラボ楽曲に挑戦するという新たな一面を切り開いた作品となったわけだが、彼女達の意欲は全く衰えることを知らず、今作のリード曲では若旦那に続く新たなコラボ楽曲に挑戦している。 リーダーの冨永悠香によると「前の作品で若旦那さんと一緒に仕事をさせて頂いて私たち物凄く刺激を受けていろんな事で本当に勉強になったんです、それで次のアルバムでも何か新しい刺激があったら嬉しいなと思っていて、そんな気持ちをスタッフさんにも伝えていたんです。そしたら「えー!ホンマに!?」と思わず声が出たくらいビックリなお二人が私達の為に今回の曲を提供してくれて、ホンマにありがたいです!その素敵な曲は『Clover』という曲で提供して頂いた方は山根康広さんと藤井尚之さんなんです!今までエスペシアとは殆ど接点が無かった方々なのでペシスト(Especiaのファンの総称)からするとかなり意外な組み合わせかもしれませね(笑)、けれどその予想がつかないところがまた面白くて素敵なんですよね、予測不能なところがエスペシアの魅力!」 アルバムリード曲となる『Clover』は冨永の言う“予測不能な魅力”満載の作品に仕上がっているようで、作詞・山根康広、作曲・藤井尚之というクリエイター陣の起用も驚かされるが、レコード会社スタッフによると、アレンジもアメリカンハードロック仕様の相当凝ったものになっているとの話だ。その注目の曲『Clover』は全国ツアー最終日の来年1月17日新木場STUDIO COASTで初披露されるとの事なので楽しみに待とう。 話題性に富んだアルバム『CARTA』は全3タイプが発売される。 今年5月の全国クアトロツアー最終日の大阪公演の模様がたっぷり90分収録されたDVD付のDVD盤(初回盤)、HyperJuice、mel house、Masayoshi Iimori、Takashi Shimada(autoclef)、Tomgggの豪華作家が参加し、若旦那とのコラボ曲「We are Especia~泣きながらダンシング~」の2種類リミックスを含む5曲のリミックスとインスト10曲を収録したボーナスCD付のRemix&Inst盤(初回盤)、7月に発売された「Aviator/Boogie Aroma」2曲のアルバムバージョンの他に新曲9曲、同月にUM社よりリリースされたコンピCD「新MINMI☆FRIENDS 〜“BAD” “MINMI”というネタをラッパー、トラックメーカーがどう料理したのか〜」参加曲「サタデー・ナイト」を含む全12曲収録の通常盤、それぞれに魅力的なコンテンツが詰まったファンならば全てを揃いたいと思える作品と言えそうだ。 また、ファンも気になるリリースイベントは早速12月25日タワーレコード梅田NU茶屋町店からスタートになるとの事で、年末年始イベント~ツアー最終日新木場STUDIO COASTを挟み、その後はアルバム発売までリリイベラッシュになる模様、2016年エスペシアの新境地を切り開く事になりそうな話題のコラボ曲「Clover」に触れる機会も数多く用意されるようなので興味を持たれた方は是非ライヴに足を運んで見て欲しいと思う。