家入レオ 11thシングルの新ビジュアルを公開
先日、2016年2月17日にニューシングルの発売を発表した家入レオ。今夏大ヒットした10thシングル『君がくれた夏』以来約半年ぶりとなる、その11thシングルの全容が本日いよいよ明らかになった。 11thシングルのタイトルは『Hello To The World』。表題曲となるシングル『Hello To The World』はサウンドプロデューサーに多保孝一を迎え、作詞・作曲も家入レオ・多保孝一となる久々のアッパーロックチューン。 今作について家入は、「『Hello To The World』は、これからもっともっと自分で新しい世界を切り開いていくんだ、という想いを歌詞に込め、私自身のこれからを知るための曲でもあります。今回、久々のロックチューンになっていて、前に向かう強さを楽しく開放的に歌っているので、スカッとした気分になってもらえると嬉しいです」とコメントしている。 c/wには、先日発表されたNHKみんなのうた(2016年2-3月)に登場する新曲『オバケのなみだ』、今夏の大ヒットドラマ「恋仲」主題歌『君がくれた夏』の別バージョンとして劇中でも起用され、今回CD初収録となる『君がくれた夏(Piano Version)』を収録。また、2CD仕様となる初回限定盤Bには、新録スタジオ音源による初の洋楽カバー曲を2曲収録。M-1には1994年のリレハンメルオリンピックを機にここ日本でも大ヒットしたノルウェーのシンガー、トリーネ・レイン「Just Missed The Train」のカバー曲、M-2には、シンディ・ローパーが1984年にリリースした世界的名曲「Time After Time」のカバー曲を収録する。家入にとって初の新録スタジオ音源による洋楽カバー曲にも注目が集まるところだ。 さらに、本日、11thシングルの最新ビジュアルおよび3形態で発売されるジャケット写真も一挙公開。ジャケット写真は、ぐっと大人になった眼差しで射抜く家入にオレンジのペイントが施された初回盤A、横顔にかざした手にビビッドなパープルが施された初回限定盤B、穏やかな優しい表情でそっと肩に添えた手にグリーンのペイントが施された通常盤と、別々のカラーを配色しての3種3様な表現が施されているので、必見だ。 家入レオ、2016年第一弾シングルは、楽曲は勿論のこと、真新しいビジュアルもあわせて、新章の幕開けとも言える作品になっているので、是非チェックしてみよう。 また、先日21歳を迎えたばかりの家入は、今週25日(金)に生放送の「MUSIC STATION SUPER LIVE 2015」(テレビ朝日系)に出演。こちらも是非チェックしてみよう。