「女同士で絡み合う」大人アイドルprediaの4thシングルMVは史上最もセクシー
年末12月29日にはZepp Tokyoでpredia5周年となるワンマンを開催、その勢いのまま4thシングル『刹那の夜の中で』を2016年1月27日に発売するpredia。いままでも、刺激的なMVを発表してきた彼女たち。今回のMVでは男装をした湊あかねと他のメンバーのカラミを披露。撮影の裏側を、湊あかね、青山玲子、林弓束に話を聞いた。 -新曲のMVを見させていただいたんですけど。 3人 ありがとうございます。 -率直に、エロいですね。 青山玲子 そうなんです。 -湊さんが、いろいろやられてました。 湊あかね はい。男役でメンバーの皆が私に群がってくるという…結構みんなが本気でくるので驚きました。「おおっ」みたいな。 -それ、メンバーですが変な気持ちになっちゃったりしました? 湊あかね 結構、変な気持ちになりますね。 -変な気持ちに! 湊あかね はい(笑)。 -例えば、どのメンバーで一番変な気持ちになりました? 湊あかね 一番本気できてたのが、前田ゆうですね。かなり本気モードで。 青山玲子 メンバーみんなが、あかねん(湊あかね)に本気で惚れちゃって、その日に。なかでも本気だったのが前田ゆうです。 林弓束 チューしてましたもん、普通に。そんなカット使わないのに。 -本編と関係ないのに? 林弓束 うん。関係ないのに。チューする必要ないのに! 青山玲子 必要以上に(笑)。 林弓束 3人で、あかねん(湊)に群がるっていう感じだったんですけど、もう、あかねんもちゃんゆう(前田)しか見てないんですよ。私、ちゃんゆう(前田)と私とあっきーちゃん(岡村明奈)とやってたんですけど、私の方は全然見向きもせず、ちゃんゆう(前田)とチュッチュッして、あっきー(岡村)もチュッチュッして。 青山玲子 なんか、モニターで見ていると、あかねん(湊)の好きなタイプの女の子がすごいわかるんです。 林弓束 そうなんですよ。人を選ぶんですよ! 青山玲子 人をすごい選ぶんですよ。 林弓束 仕事になんないんですよ。 湊あかね いやいや。そんなことないよ~(笑)。 林弓束 だって、私はダメだったもん。怒ってるよ。ホントに! 湊あかね ゆったん(林)と、あっきー(岡村)と同時に迫ってくるわけですよ。で、真ん中にゆったん(林)が私に覆い被さるようにくる感じなんですけど。背中越しでやってくるんですけど。それがあまりにも恐ろし過ぎて。 林弓束 なんで恐ろしいの(笑)? 湊あかね この世のものじゃない、というか。 湊あかね ぐわーと来る感じが凄すぎて。 林弓束 いや、もう、ホントそれくらいガチで、みんな。 青山玲子 みんなガチでやってましたね。 林弓束 みんなで取り合いになってました。 青山玲子 誰があかね君(湊)に惚れられるか、っていう、ちょっと遊びをしながら。 林弓束 私のことは、全然見向きもしてもらえなかった。その日の夜は、涙で枕を濡らしました。 青山玲子 あたしのことはたくさん見てくれたよ。 ―MVでそんなに絡むのは初めてですよね? 林弓束 初めてです。 -女性同士とはいえ、抵抗はなかったんですか? 林弓束 今年のハロウィンの時に、初めてあかねん(湊)が、男装をしたんです、仮装して。私たちは9人の死んだ花嫁で、あかねん(湊)がドラキュラをやったんです。MVに男性モデルさんを起用する予定だったんですけど、もうカッコ良すぎて、普通の男性モデルさんを使うよりも、あかねん(湊)が男役をやった方が、絶対カッコいいんじゃないかと思って、みんなでスタッフさんにプレゼンして、今回のMVでの男装が決まったって感じです。 青山玲子 最初は普通の男性で、ちょっと絡もうかっていう話もあったんですよ。それだったらあかねん君(湊)を!って。その方が、絶対にファンの人も喜ぶし、私たちも楽しいし。 -でもホントに男性が来たら、ちょっとマズイ感じでしたね。 青山玲子 本当の男性だったら、そんなに絡みはそこまでなかったのかもしれないです。 -メンバーで女同士だから遠慮無くガンガン行けたと。 青山玲子 いつものあかねちゃんのままだったら行けないけど、「あかね君」になったら行けます!楽屋でボロださないように全然しゃべらなくなっちゃって。 林弓束 スイッチ入るんですよ、男装すると。 湊あかね 入り込まないといけないんで。 青山玲子 ちょっと話しかけると、全部イケメンな感じで返してくれる。それに、メンバーみんな恋しちゃって。 林弓束 ホントにキュンキュンしちゃって。 -湊さんはそうしなければいけなかったんですか? 湊あかね ちょっと何かのスイッチを切り替えないと、絡みのシーンはいけないな、と思って。 -絡みのシーン(笑)? 青山玲子 まあ、ちょっとした絡みだよね。ソフトな。 林弓束 ソフトな。 青山玲子 もう、出来ないよね。 林弓束 もう出来ない。 青山玲子 あたし、あかねんだったらもうできないもん。あかねんだったら、気持ち入らないけど「あかね君」だったら、絡める。 -湊さんは今後は男装キャラでいくんですか? 林弓束 いって欲しいですね。ホントにカッコいいんで。 青山玲子 女の子のファンもたぶんもっと、このあかね君の良さに気づいてくれたらすごいことになるんじゃないかな? 林弓束 ハロウィンイベントのときも、出演してる他のアイドルグループの女の子たちから、「一緒に写真撮ってください」ってすごい群がられてたし、なんか、今まで私たちのファンじゃなかった女の子ファンとかも、「うわ~。あの人カッコいい」みたいな感じだったんで。 青山玲子 ちょっとフィーバー起こってたもんね。 林弓束 軽くフィーバーだったんで。ちょっと、アレ?いいんじゃない?みたいな。 -普段は女の子っぽいんですか? 湊あかね いや。全然。 青山玲子 だからこそ、あんまり違和感がないのかもしれない。 林弓束 違和感、ないですね。普段からキャピキャピはしてないですね。 -女性が群がってくるのって、気持ちいいものですか? 湊あかね やっぱり、同性から「きゃ~」って言われるのは、気持ちいいですよね。 -チヤホヤされるのがメンバーでも? 湊あかね 嬉しいですよ、でも、目の色変えてくると、ちょっと怖い。 predia LIVE Information predia 5th Anniversary party ★日時 2015年12月29日(火) ★会場 Zepp Tokyo ★時間 開場 17:00 / 開演 18:00     2016年1月27日リリース Major4th Single『刹那の夜の中で』