ぼくりり デビューアルバム『hollow world』MVを東市篤憲監督が映画化
ビクターエンタテインメントの新レーベルCONNECTONEから12月16日にメジャー・デビューし、発売と同時にiTunes Storeロック・トップアルバムランキングで1位を獲得したことでも話題になっている“ぼくのりりっくのぼうよみ”の1stアルバム『hollow world』。 池田エライザ、池田大、吉村界人といった若手俳優陣の出演で評判の『sub/objective』のミュージック・ビデオに続き、更に今後『CITI』と『Sunrise(re-build)』のビデオが3部作として制作され、1本の映画として完結するプランであることが明らかになった。 ぼくのりりっくのぼうよみのアルバム『hollow world』にインスパイアされた映画で、タイトルもアルバムと同じく『hollow world』。ミュージックビデオの監督・東市篤憲の初映画監督作品となり、ビデオ同様に池田エライザ、池田大、吉村界人が主演している。 来春の公開を予定しているこの映画『hollow world』の情報は特設サイトにアップしていくので、随時チェックしてほしい。 <東市篤憲監督コメント> 子供の頃から映画が大好きで、いつか映画を作ってみたいなぁ。と思っていました。 そしてその夢が叶い素晴らしい役者さん(吉村界人、池田大、池田エライザ)たちと私自身、楽曲に心が動かされて、MVの概念の枠を飛び越えた新しい音楽映画を撮ることができました。 スタッフの尽力に感謝がつきません。ありがとうございます。 また、役者さん達の熱演とぼくのりりっくのぼうよみを、池田エライザがぼうよみで歌うシーンもせつなく見所になっています。 是非ご覧くださいませ。