HKT48 兒玉遥主演「Dark Lake」主題歌にThinking Dogsが決定!
AKB48グループの9人が9つの短編で主演する映画『9つの窓』。 その1編であるHKT48 兒玉遥主演の「Dark Lake」主題歌に、Thinking Dogsによる『ごめんね、キャサリン』が起用されることがわかった。 Thinking Dogsは今年の6月にTBS系木曜ドラマ劇場”ヤメゴク~ヤクザやめていただきます”の主題歌『世界は終わらない』でデビューし、デビュー当時から異例のタイアップ抜擢が続きシンデレラバンドと称されている4人組ロックバンド。ロッテのガムのCMで伝説のプロデューサー サイモン利根川と出演しているのを見たことがある人も多いだろう。 今回の主題歌は、彼らの現在発売中のセカンドシングル『3 times』のカップリングに収録されている楽曲。デビューから2作目にして、タイアップ楽曲に抜擢された曲はこれで5曲目とあり、ますますシンデレラバンドぶりが加速しているといえそうだ。 短編映画『9つの窓』はショートショートフィルムフェスティバル&アジアとAKB48グループによる企画AKBショートショートの映画『9つの窓』の最後の作品で、兒玉遥(HKT48/AKB48)主演によるホラー作品『Dark Lake』(監督:中村公彦)とのこと。Thinking Dogsの楽曲が、どのように映画を彩るのか、要注目だ。 2016年もThinking Dogsのさらなる活躍に期待したい。 ■映画『9つの窓』詳細 中村公彦監督作品「Dark Lake」兒玉遥(HKT48/AKB48)主演 2016年1月30日 ブリリアショートショートシアター先行公開 2016年2月6日 全国順次ロードショー