"食べ物系"EDMアーティスト?JMCの初シングルはKREVAプロデュース!
今年8月にミニアルバム『さよならチャンキー、納豆PARTYで御座います。』でメジャーデビューした話題のEDMユニットJMC(ジュミッチ)が、17日に2度目のワンマンライブを渋谷Gladで行い、大盛況で幕を閉じた。 夏にスマッシュヒットとなった彼らの代表曲『納豆 ON THE RICE』をはじめ計18曲、約2時間のワンマンライブは笑いあり涙ありで、会場は終始熱気に包まれた。途中、衣装チェンジをステージ上で薄いカーテン越しに行うという前代未聞の生着替え演出もあり、唯一無二の存在感を放っていた。 そして、アンコールでパフォーマンスした『みそしるママ らいすパパ』が、2016年2月17日にシングルとして発売されることが彼らより発表された。この楽曲は以前からライブで披露されていたが、ファンからCD化を熱望されていた楽曲で、所属事務所の大先輩・KREVAによるプロデュース作品となる。 “食べ物系”EDMアーティストとなりつつあるJMC(ジュミッチ)が放つ初のシングルは、尊敬するKREVAとタッグを組み、親子の絆を歌うメローであたたかい1曲となった。 また、この楽曲の振り付けを牧野アンナが担当。この日、振り付けが初披露された。牧野アンナは1990年代の沖縄アクターズスクール全盛時代にチーフインストラクターとして数々のアーティストの育成に関わり、近年はAKB48等の振り付けで活躍している。この振り付けはJMC(ジュミッチ)の二人が牧野氏へ熱いメッセージを送ったことで実現するに至った。 そして、『みそしるママ らいすパパ』のミュージックビデオも合わせて公開となっている。イラストムービーで構成された映像は、実はメンバーのMicchiyが描いたもので、心あたたまる親子の絆が描かれたストーリーとなっている。今回アップロードされたのはShort Ver.のVol.1で、続きは順次アップロードを予定しており、今後ストーリーが明らかになるため、引き続きこちらのイラストムービーをチェックしたい。 尚、シングルのカップリング曲には日本の伝統ソングである『うれしいひなまつり』をモチーフにした『ひなParty!』や、ミュージカル女優 綿引さやかをフィーチャリングに迎えた本格的EDMソング『TOKYO DOG STORY 2 feat.綿引さやか』を含む計7トラック収録の贅沢なシングルとなっている。 <「みそしるママ らいすパパ」Music Video Vol.1>