17歳の天才少年「ぼくのりりっくのぼうよみ」1stアルバムがいきなり頂点に!
ビクターエンタテインメントの新レーベルCONNECTONEからメジャー・デビューした「ぼくのりりっくのぼうよみ」の1stアルバム『hollow world』が、発売と同時にiTunesロック・トップアルバムランキングで1位を獲得したことが明らかになった。 まだ17歳の高校3年生が大学受験勉強の合間をぬって制作したアルバムが、いきなり頂点に立った。今週12月16日に発売された『hollow world』は、配信開始と同時にチャートのトップにランクイン。アルバム・リード曲の”パッチワーク”、”sub/objective”がオンエアされるやいなや、SNSを中心に「天才少年出現」として爆発的なスピードで名前が拡散中の通称「ぼくりり」だが、アルバム発売翌日の大阪のラジオ局FM802でのプロモーション稼働を最後に、完全なる受験勉強モードに突入する。アーティスト活動をしばらく休む前に、最高に嬉しいニュースが飛び込んできた形となった。 大学生になったら積極的にライヴをやりたいと意気込んでいる「ぼくりり」、来年の春までは今年最高のアルバムの呼び声も高い『hollow world』を聴きこんで待つしかなさそうだ。