注目の3人組歌謡グループ“はやぶさ”の新曲が「デュエル・マスターズVSR」OPテーマに
オリコン週間シングル演歌歌謡ランキング2作連続初登場1位を獲得、舞台や数々のTV歌番組へも出演し、来年1月31日に浅草公会堂での開催が決定した単独コンサートもチケットが即完売するなど、人気急上昇中の3人組歌謡グループ“はやぶさ”が、2016年1月10日放送話数から切り替わるテレビ東京系アニメ「デュエル・マスターズVSR(バーサスレボリューション)」新・オープニングテーマを担当することが決定した。 デュエル・マスターズは、タカラトミーが、2002年より販売を開始し、現在までにカード種類3000種以上、カード発行枚数としては50億枚以上を誇る、小学生男子向け対戦型トレーディングカードゲームで、2002年よりアニメ放送も始まり、現在はシリーズ14年目を迎え、「デュエル・マスターズVSR(バーサスレボリューション)」を放送中。 ストーリーは、主人公・カレーパン大好きなおバカ中学生である切札勝太(かった)を中心に進む。普段は抜けているところもあるが、デュエマの腕前はピカイチ!ライバル達をデュエマ勝負で撃破する、本格的カードバトルギャグアニメである。 オープニングテーマとしてオンエアされる「エボレボ!」は、数々のアイドルやアーティストに楽曲を提供・プロデュースを行っている“ヒャダイン”のサウンドプロデュースによるもの。 「進化(エボリューション)」と「革命(レボリューション)」をテーマにした、「夢」と「希望」にあふれた作品で“はやぶさ”の「さわやかさ」「ストレートな前向きさ」を前面に出しながらも、ところどころメインボーカルのヒカルが持っている「演歌な」テイストのボーカルもアクセントにした今までにないアニメソング。スピード感満点の“ヒャダイン”サウンドに乗せた“はやぶさ”のボーカル、さらに、元気はつらつな児童合唱団のコーラスが加わることで、「疾走感」が一層演出されている。