レキシ 1万人即完の両国国技館公演、大盛況で幕
11月25日に1stシングル『SHIKIBU』をリリースし、今もっともライブチケットが取りづらいアーティストの一人と言われる一方、関ジャニ∞や椎名林檎、私立恵比寿中学校にNegiccoなど多岐にわたる楽曲プロデュースでも注目を集めるレキシが、現在絶賛開催中の冬の全国ツアー「レキシツアー IKEMAX THEATER」の東京公演を12月16日(水)に両国国技館にて開催し、チケット即日完売となる1万人以上のファンが詰めかけたレキシ初の両国国技館公演は大盛況で幕を閉じた。 今回、全国ツアーとしては、昨年オリコンウィークリー7位を記録した4thアルバム『レシキ』を引っ提げて開催した即完の武道館公演含んだ夏の全国ツアー以来、約1年半ぶりとなる全国ツアー。ツアータイトルに「IKEMAX THEATER」とある通り、全面的に映画をテーマにしたホールツアーとなっている。 満員御礼、升席、2階席にぐるっと360度囲まれたステージの頭上にはミラーボール。天井四方にはずらりと力士の肖像が掲げられた両国国技館。開演時間予定時刻より15分ほど遅れてライブの始まりを告げるホラ貝の音色が鳴り響くと、会場は一気に総立ちとなり、東の花道から“レキシ”の大旗をもった男衆が登場し、担いだ駕籠をステージに運びだすと会場からは拍手と歓声が鳴り響いた。その後の驚きのオープニングの後に、駕籠の中からいよいよレキシが登場し、会場は最高潮の盛り上がりで応えた。アフロヘアにサングラス、着物にコンバースオールスターという正装で登場したレキシが、「国技館、いくぞー!」とのコールに続き、1曲目『姫君Shake!』のイントロでこの日のライブがスタート。ステージ中央で360度見渡しながら観客の反応を楽しむレキシは、その後もファンクナンバー、ダンスナンバーなど立て続けに楽曲を披露。続いて、「先月、実は・・・」とMCを始めると会場からはどよめきが起こり、「1stシングルをリリースしまして」と続けると会場から歓声があがるや、「と、なるとやはりこの衣装でしょう」と1stシングルのキービジュアルであった十二単衣がステージに運ばれ、ステージ上で小芝居を交えて羽織る姿に爆笑が起こるなか「最初の“Hey!”は平安京の”Hey!”だから、今から練習するよ」と観客とのコール&レスポンスも交えつつ、「それでは『SHIKIBU』いきます」とシングル曲を披露した。 ライブ終盤での定番曲『きらきら武士』では1万人の手が左右に振れ、代表曲『狩りから稲作へ』では、360度稲穂が揺られるというレキシならではの光景の中、音楽と笑顔に彩られた150分のライブは大盛況で幕を閉じた。 「レキシツアー IKEMAX THEATER」は、来週12月21日(月)に大阪・オリックス劇場、23日(水・祝)に広島アステールプラザ大ホールと続き、2016年1月11日の沖縄ミュージックタウン音市場でツアーファイナルを迎える。 (カメラ/田中聖太郎)