謎の新人女性アーティストJY 堀北真希主演ドラマ主題歌&OPテーマに異例の大抜擢!
この度、来年1月13日(水)22時スタートの日本テレビ系水曜ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」主題歌、オープニングテーマに、謎の新人女性アーティストJY(ジェイワイ)が大抜擢された事が分かった。 主題歌だけでなく、オープニングテーマも同じアーティストの楽曲が使われるのは、新人アーティストでは破格の扱い。JYは4ヶ国語をあやつる国際派の女性シンガーで、20代前半という事以外、何の情報もないとの事。 また、主題歌となるのは、王道のバラード曲『最後のサヨナラ』で、日本でのCDデビューが決定している。オープニングテーマ『RADIO』は全編英語歌詞。EDM系のダンスチューンで、こちらはアメリカ、アジアなどで全世界配信が決定している。 それぞれ、『最後のサヨナラ』が日本デビュー曲で、3月16日(水)に発売。海外配信デビューとなる「RADIO」は同時期3月中旬予定でアメリカ、アジアを中心に配信される予定。『最後のサヨナラ』は日本を代表する音楽プロデューサー、松浦晃久氏を迎え、壮大かつ繊細なピアノの旋律、そこに寄りそうように、時に優しく、時に激しくかき鳴らされるギターの音色。そしてJYの切なくも力強いボーカルが乗った、王道恋愛バラードとなっている。この楽曲のミュージックビデオではJY本人がピアノの弾き語りを披露! 現在は、カップリング曲の作詞作業に取りかかってるとの事。 『RADIO』の方は、ワンダイレクションやリトルミックス、カイリーミノーグなど、世界的ビックアーティストを手掛けるロンドンの制作チームが全面協力。その中でも2014年のグラミー賞最優秀ダンス・レコーディング部門にノミネートされた、若きプロデューサー“MNEK”が楽曲プロデュース!!彼らの拠点である現地ロンドンで“MNEK”本人のスタジオにてレコーディングを敢行した。 『RADIO』はすでにドラマのPRスポットに使用されテレビでも流れており、『最後のサヨナラ』は初回放送1月13日に流れるので、ぜひ楽しみにしてもらいたい。