AKB48島崎遥香 共演NGの徳光和夫と歴史的和解
AKB48島崎遥香とロンドンハーツ1号2号の田村淳の「〇〇バイト」(フジテレビ系)で、驚きの共演が実現し話題をさらっている。 島崎が今年の選抜総選挙の”塩対応”が発端で、共演NGだと突き付けた徳光和夫がゲストとして登場した。 「きたよー犬猿の仲」と煽る淳だが、島崎が「今年までに謝っておきたい人」として徳光を指名し、スタッフがダメ元で交渉したところ快諾しての出演となった。 島崎の対応に関して、「ジョブチューン」(TBS系)に出演したときに「深夜番組で長靴みたいな名前の淳とは、ちゃんと受け答えするのに、おれの質問には無視なんだよ!」と苦手であることを暴露し、その後徳光と島崎は共演NGだとネットなどで一気に広まった。 徳光は「おれが謝んなきゃ。おれのほうが悪いんです」と申し訳なさそうに言うと島崎も「いえいえ、そんな」と困り顔で会話が途切れ途切れに。「ものすごい空気が流れてます」と淳も気まずそう。 「実は共演NGの人はたくさんいるんですが、彼女の名前が一番出しやすい人だった」と事情を説明。すると島崎は「総選挙と言う場所がそうさせるんです。自分の思った順位より下だったので喋りたくなくなったんです」と真相を告白した。 徳光は目を細め「そうだったんだ」と納得。読売ジャイアンツの高木勇人投手の「僕は僕」発言になぞらえ、「これだ!島崎遥香は”私は私”なんだということに気が付いた。実はこの番組はじめから良く観ていまして、バイトのみなさんへの気遣いに、心根の優しい一本筋の通った子だと思いました。」と語り、また最後はお互い握手を交わし「これからもよろしくお願いします」と歴史的和解となった。 「彼女には何を質問したらいいのか、ベテランだけど真っ白になる」という徳光に「何か聞いてください」と淳に促されると「一番悲しいことはなに?」と問い、「言えないです」と一蹴する島崎に、「聞いたんだから教えてくれよ」と小さなバトルが起こったのを見た淳は「これは来年からの総選挙の風物詩になるんじゃないですか?」とまた煽り笑いを取っていた。 写真(C)AKS