AKB48紅白対抗歌合戦 指原白組の圧勝ぶりに横山紅組ただ呆然
今年で5回目を迎え、AKB48の1年の締めくくりイベントとして、すっかり定着した感のあるAKB48紅白対抗歌合戦。 今年は、先日高橋みなみからグループ総監督を継承した横山由依率いる紅組、初めてキャプテンを務めた指原莉乃率いる白組の対決となった。 紅白の対決の前にステージに登場したのは、台湾で開催されたAKB48初の海外オーディションを勝ち抜いた馬嘉伶(マ・チャリン)。憧れ続けたAKB48のステージに緊張気味だったが、日本語でしっかりと挨拶をした後、『ヘビーローテーション』を日本語と中国語で披露し、オープニングを飾った。 紅白のそれぞれのトップバッターは、小嶋陽菜と柏木由紀。小嶋は『わるきー』ならぬ『わるにゃん』と題し、バスローブ姿で共演のキティちゃんからダニエルくんを誘惑するという妖艶なパフォーマンスを披露。これに対し、柏木が『Dear J』ではなく『Dear K』としてキレのあるダンスパフォーマンスで応戦し、1回戦から会場を盛り上げた。 続いては、これからの10年、AKB48グループを引っ張っていくフレッシュなグループの対決。 マジすか学園の衣装に身を包んだ中野郁海らチーム8メンバー8名と、来年1月に劇場オープンを控えるNGT48が相まみえた。やべきょうすけとの共演で寸劇を披露したチーム8に対し、初参加ながらも、加藤美南のバトントワリングでアクロバティックに『僕たちは戦わない』を披露したNGT48にも、大きなどよめきと歓声が沸き起こった。 その後も、紅白対抗歌合戦ならではのユニットや楽曲でのパフォーマンス、間近に迫ったクリスマスの楽曲、劇場支配人総登場での時代劇寸劇などで盛り上がった。 また、先日卒業を発表した永尾まりやと同期の9期生による『夢の河』、女優の夢を叶える為にと、このステージで卒業を発表した高城亜樹らによる『桜の木になろう』のパフォーマンスの際には、会場とステージで見守るメンバーからも大きな拍手がおくられた。 対決のトリはキャプテン対決。横山は赤の着物で『一歩目音頭』、指原は白いドレスで『365日の紙飛行機』をそれぞれ披露し、審査員に最後のアピールをした。 対決の後には、今年のじゃんけん大会で優勝した藤田奈那が勝ち取ったソロ曲『右足エビデンス』、準優勝した中西智代梨がセンターを務める『君は今までどこにいた?』が初披露された。 そして、いよいよ結果発表。全国の映画館、会場、審査員、ともに.白組が紅組を上回り、初めてキャプテンを務めた指原の.白組が勝利となった。 また延期になっていたチームAの新公演が2016年2月10日に初日を迎えることが発表された。公演タイトルは、「M.T.に捧ぐ」。高橋みなみをイメージした歌詞も、そのフルコーラスが公開された。 さらに10周年.記念.シングルがリリースされることもサプライズ発表され、シングルには、現役メンバーだけでなく、前田敦子・大島優子ら卒業生が参加することも決定。さらに『唇にBe My Baby』がAKB48ラストシングルかと思われていた高橋みなみの参加も発表され、本人は、照れ臭そうな複雑な表情を見せていた。10周年記念シングルは、2016年3月9日(水)にリリースされる。 【10周年記念.シングル選抜メンバー】※発表順 ・現役メンバー:入山杏奈、柏木由紀、加藤玲奈、木﨑ゆりあ、北原里英、小嶋陽菜、指原莉乃、島崎遥香、松井珠理奈、峯岸みなみ、宮澤佐江、宮脇咲良、向井地美音、山本彩、横山由依、渡辺麻友 ・卒業生:前田敦子、板野友美、大島優.子、篠田麻里子 ・卒業予定:高橋みなみ (C)AKS