高橋みなみ 次回シングルも「仮卒業生枠」で参加を報告
大盛況のうちに幕を閉じた「第5回AKB48紅白対抗歌合戦」。ライブ終盤に告げられた43thシングルの全容にファンもメンバーも驚愕したが、一番驚いたのは高橋みなみかもしれない。 高橋はライブ終了後、トークアプリ755でそのシングルへの参加をあらためて報告した。 冒頭は来場者への感謝の言葉と、前田敦子と共に審査員を務め、とても楽しめたことをコメントしたあと、「そしてこれは本当すいませんなんですけど」と切り出し、「来年の10周年記念シングルに参加することになりました、、、」となにやら申し訳なさそうなコメント。 「昨日聞きました、、(΄✹ਊ✹‵) ラストシングルと言いながら、次のシングルには仮卒業生枠として招集されまして、、、」と続け、寝耳に水だったことを報告したが、そこは前向きな高橋「断る権利もありませんし、どこに謝ればいいのかわかりませんが皆んなと一緒にもう一曲歌わせていただけるみたいです。がんばります(΄✹ਊ✹‵)」と意気込みをみせた。 高橋が参加することになった、AKB48 43thシングルは、10周年を記念し、OGである前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美が選抜メンバーに加わることが決まり、本日の「AKB48紅白対抗歌合戦」でサプライズ発表された。発売は3月9日。