AKB48高城亜樹が卒業を発表「今の状況に甘えていてはいけない」
15日、TOKYO DOME CITY HALLで行われた「第5回AKB48紅白対抗歌合戦」。白組の終盤の曲で高城亜樹が卒業を発表した。 ステージにひとり立った高城は、震えた声で「わたし、高城亜樹はAKB48を卒業します。」と宣言。会場は驚きに包まれた。 高城は「今の環境になんの不満もありません。だけど、今の状況に甘えてちゃいけない。これからは”高城亜樹”の人生を歩んでいきます」と苦渋の決断だったことを伝え、大家志津香、北原里英らと『桜の木になろう』を涙ながらに歌った。 北原は「あきちゃを見ていると思い出がいっぱいで、涙が溢れました」と目を真っ赤にし、柏木由紀も「同じユニットを5年間一緒だった。今歌っている姿をみたら涙が出ました」と複雑な表情を見せた。 高城は卒業後、女優を目指し活動する。   写真(C)AKS