指原感激 吉田羊は「恋チュン大好き!」”おにぎりダンス”もマスター済
毎年有線放送キャンシステムのデータを基に選ばれる「第48回日本有線大賞」(TBS系)がグランドプリンスホテル新高輪から生放送された。 今年は2015年大活躍した女優の吉田羊が、音楽番組の司会初挑戦でメインMCを務め話題となった。 大賞候補となる「有線音楽優秀賞」にはAKB48、大月みやこ、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE、西内まりや、西野カナ、氷川きよし、水森かおり、三山ひろし(五十音順)の8組が選出され、AKB48がそのトップバッターを飾り、受賞曲『君にBe my Baby』を元気いっぱいパフォーマンスした。 吉田は「なんとかわいいこと。娘を見ている気持ちです」と目を細め、高橋みなみに「卒業の日程が決まられたそうで」と問い、「3月末に決まりまして、そこに向かって頑張って行きます」と意気込みを見せた。さらに先日総監督に就任したばかりの横山由依は「緊張しますけれど、メンバーと力合わせて頑張って行きたいです」と気を引き締めていた。高橋からは「自分らしく」とアドバイスされていた。 吉田は「わたし『恋するフォーチュンクッキー』が大好きで、落ち込んだ時にはあのイントロを聞いて”おにぎり握ってます”」と振り付けもマスターしていることを話し、その曲のセンター担当だった指原莉乃が目を丸くし「わ!うれしいです!ありがとうございます!」と感激していた。さらに「カラオケでも歌い踊り大熱唱しますよ」と笑った。 番組中盤では”視聴者リクエストSPメドレー”が企画され、AKBグループからNMB48、HKT48、そして乃木坂46も登場し、『ドリアン少年』『12秒』『今、話したい誰かがいる』と、リクエストに応えた楽曲を披露。最後にはAKB48、NMB48、HKT48全員で”恋チュン”もパフォーマンスされ、MC席から吉田も振りを真似て大いに盛り上がった。 なお今年の「日本有線大賞」は三代目J Soul Brothersが初受賞した。 写真(C)AKS