Hカップ橘花凛 初LIVEで苦手ダンス克服「メンバーの足ひっぱらず踊れた」
日テレジェニック2015に選ばれた、大澤玲美、熊江琉唯、橘花 凛、菜乃花、久松かおりの5名で結成されたユニットNK3Rの初LIVEが12月13日(日)秋葉原・Twin Box GARAGEで行われ、たくさんのファンが駆けつけた。 メンバーの橘花凛もブログを更新し、「最初ダンス見たときは、ダンスなんて一度もやったことなかったから自分にできるかとっても不安で、いざ練習してみたら全くついていけてなくて焦りと不安で練習中メンバーのみんなに心配かけたりしちゃってて、でもみんな優しくて初心者のわたしにこうしたらいいんだよとかこうやったら覚えやすいよとかアドバイスをたくさん親身に教えてくれてみんなの暖かさを感じました。」と不安しかなかった気持ちを告白。 「でも人一倍できなくて運動神経も悪いってことは人一倍努力しないとみんなと同じようにはなれないなって思ってみんなのアドバイスもあって毎日音楽聞いてダンス動画観て動きは徐々にできるようになっていきました! ただダンスを完全マスターしてもやっぱりわたしの動きはなんか独特で笑い泣き。先生にも時間を頂いて最終レッスンで動きがかっこよくなる方法たくさんきいて本番に挑めました☆ まゆ先生、親身に教えて下さり本当にありがとうございました♡♡ そして本番見てくれたファンのみなさんやマネージャーさんやお母さん、最初どうなるかと思ったけど”ちゃんと踊れてたよ!”って言ってもらえて本当に嬉しかったです!」「みんなの足をひっぱらず最後まで踊れて本当によかったです」と苦手なダンスをマスターするのにかなり苦労したようすが伝わり、こちらも胸が熱くなるようだ。 しかし「おもしろかったよのお言葉もちゃんと頂けました 笑」と橘花らしいオチでファンを和ませた。 「ブルーライト振ってくれたファンの方やお話ししてくれたファンの方にたくさん元気をもらえて、本当に本当に楽しいLIVEでした」と達成感いっぱいにブログを締めた。 デビュー2年目で日テレジェニックの称号を手にし、顔も知られるようになって人気もうなぎ上り。天然のマイペースほんわかキャラから繰り出す言葉はその場を一瞬で笑顔にする。それでいてワイルドな表情も見せ、幾面もの印象を与えることが出来る橘花。さらに均整の取れたプロポーションに形の良いHカップで男性を骨抜きにする。2016年もますます目が離せないグラドルになることは間違いない。 NK3Rのシングル『グラビア愛奴隷』はミュージックカードで発売中だ。