DECAYS イヴのリリイベに蟹江一平とAyasaがゲスト参加
DIR EN GREYのDieとMOON CHILDの樫山圭を中心としたユニット「DECAYS」が初の音源作品 『Red or Maryam』(レッドオアマリアム)を今週、12月16日にリリースする。 同作品の全曲試聴音源が公開された。 今回公開された試聴音源ではリリースに先駆けて、全7曲からなるミニアルバムを各10秒程度楽しむことができる。発売まであと2日に迫った『Red or Maryam』だが、リリース日まで待ちきれない人はぜひここでDECAYSが織りなすサウンドスケープに触れてほしい。 また12月24日に新宿BLAZEで行われる『Red or Maryam』リリース記念単独ライブ「Red or Maryam」にスペシャルゲスト2名が出演することも決定。そのうちの1人であるバイオリニストのAyasaは、『Red or Maryam』収録曲の『愛と哀を遺さず…』にも参加しており、当日はDECAYSとの待望の共演も期待できそうだ。 さらにもう1人のゲストは、俳優の蟹江一平。一見、異色の共演のように思えるかもしれないが、実はDieと蟹江は親交も深く、蟹江自身もWEB連載コラム「蟹江一平の今夜も歌っていいですか?」にて2週にわたり熱く語るほどのDIR EN GREYファン。蟹江はライブ当日、ゲストボーカルとしてライブに加わるとのことなので、こちらのコラボレーションにも注目しておきたい。 なお、東京公演当日はクリスマスイブということもあり、来場者全員にスペシャル待受画像をプレゼント。さらにチケットの半券を使っての抽選会も予定されているので、こちらもお楽しみに。