緊急インタビュー!これからのpaletを新旧キャプテンに直撃
2015年にメンバーの卒業や新メンバー加入など大きな動きのあったpalet。今回、2015年のpaletを振り返ってもらう為に、キャプテンの平口みゆきと、藤本結衣へインタビューを行った。 -paletにとって2015年は激動の1年でした。 平口みゆき そうやってグループとしての変化が大きくて、やっぱり新メンバーが入ってくれたり、卒業したメンバーがいたりと、グループとしてすごく変わったのと、やっぱり、それを経て、ひとりひとりがすごい変わったなって感じることが多くて。内面的に大人になったなって。 -色々ありました? 平口みゆき 色々ありましたね、本当に(笑)。今まで、グループとして話し合いの時間を設けることもあったんですけど、そういった時に、あんまりみんな自分の意見を言えないことが多かったんです。でも、今年はいろいろあって自分たちの責任感が増えてきて、グループとして、自分がどうあれば、グループのためになるかとか、すごい考えてひとりひとり、ちゃんと発言したような話合いになってますね。 藤本結衣 私、元々3年間、結成当時からキャプテンをやらせてもらっていて、新体制になると同時にみゆっちょ(平口みゆき)にキャプテンを引き渡したと言いますか、新しくキャプテンになってもらうことになりまして、それが、自分にとってのすっごい大きかった出来事で、2015年一番大きかったって言っても過言じゃないですし。もっと言うと3年間で一番大きかった出来事でもあるなって。ホントに、始まった当初から、キャプテンをずっとやり続けたいって思っていたので、このタイミングでキャプテンが変わることに対する不安とかすごいいっぱいあって、キャプテンじゃなくなった自分は、グループに何が出来るんだろう?とか、すごい考えるようになって。それからいい意味で肩の荷が下りて、ライブにもっと没頭できるようになったりとか、すごいいい影響があった1年だなって自分としては思いますね。 -キャプテン、やっていたかったってことですか? 藤本結衣 そうですね、やっぱり頑張りたかったです。正直3年間は、自分が縛られてたキャプテン像っていうか、キャプテンらしいこととか、っていうのは自分が思い込んでいただけで、そんなに何か影響って、いい意味でないのかなってすごい思って、それがなんか逆に3年間、自分にとっての重荷になってたっていうか…。いい意味で、この機会に殻を破れた気はしますね。 -最初は平口さんに変わってくやしいって思いもあった? 藤本結衣 そうですね。最初はプロデューサーさんから話をされたんですけど、「ちょっとキャプテン辞めて、新しい藤本として頑張ってみない?」みたいな「覚醒しようよ」、っていうことを言われて。覚醒ってなんだろうって?。 -え?みたいな。 藤本結衣 実際に、何言ってるんだろう?って理解できなくて。私、アプリゲームをよくやってて、「モンスター覚醒」とかあるじゃないですか?そういう感じなのかなって。 -そんな理解だったんですか? 藤本結衣 プロデューサーさんが言う「覚醒」っていうものを、すごい今年の夏は探し求めていましたね。 -答えを探したんですか。 藤本結衣 探しましたね。何が足りなかったんだろうって…自分では、全力で頑張ってきたつもりだったし、なのに、じゃあ何が足りなくて言われてるんだろうと思って。 …こっちも意地になって。今年の夏は、全国ツアー、7大都市ツアーをやらせてもらったんですけど、そのツアー中に、すごい色んな所で探し求めてた気がしますね。 -見つかったんですか?何か。 藤本結衣 見つかりました。 -発表して下さい。 藤本結衣 ライブ中すっごい色んなことをやるようになったんです。今まではホントに、歌って踊って、振り付けをやらなきゃみたいな。その中でも、もちろん色々表現できて楽しかったんですけど、それ以上に「別に振り付けって、曲の中に付けてもらっているものだけど、それは、あってもなくても、自分のその場の表現が出来るようなことが出来るんだったら、別になくてもいいって時もあるのかな?」って。 -それはアイドルとしては新しい解釈ですね。 藤本結衣 それからはメンバーと振り付けをやるっていうだけじゃなくて、一緒にワチャワチャはしゃいでみたりとか、もっと、LIVEだからこそ魅せられることを研究していこうなって思って。それをやり出したら、ファンからすごい高評価をもらえたんです。 -まさに覚醒したんですね。 藤本結衣 自分の推しの人じゃない人からも、スゴイいいねって言われるようになって、それが、ちょっと、自分としての「覚醒」の一歩になったんじゃないかな?って思いますね。 -平口さんは、実際にキャプテンを引き継いでいかがでしたか? 平口みゆき そうですね。アイドルグループでキャプテン交代とか、あんまり聞いたことなかったから。 だから、ファンの人もビックリすると思ったし、なんか「えっ? 私がキャプテン?やっていいのかな?」とも思ったし。やっぱ、キャプテンって、重大なイメージがあったんで。グループまとめなきゃとか。 でも、いざ、なってみると、やっぱり、プロデューサーさんの言ってることがすごいわかったし、今まで自分はメンバーの一人として活動してたけど、メンバーのことをよく見るようになったし、メンバーがどうしたら、ひとりひとりまた伸びてグループとして集まったときに、どういうところが強みなのか、とか、やっぱり、ゆいち(藤本結衣)が「夏に変わった」って言ってくれてるとおりに、個人にもいい影響だったけど、グループとしてもライブの色が出たりって、なんかすごいいい出来事だったので、ああ、やっぱり大人の言うことは間違ってないんだなって、すごい思いました。 -大人は正しいと! 平口みゆき ホントに最初は、代わった時はファンの人に「えっ?なんでみゆっちょ?よりによって、大丈夫?」みたいにめっちゃ言われて。 藤本結衣 彼女のキャッチフレーズが、「支えてね」みたいな感じのキャッチフレーズなんで(笑)。 平口みゆき キャプテンになる前から、メンバーの卒業とかがあって、自分としては危機感を持ってって、このままじゃ「palet終わったな」って思われちゃうんだろうなと思っていました。その、メンバー2人抜けるってなって、やっぱり先行きが不安で、でもだからこそそれを払拭していかなきゃいけないと思ったんで、ここでキャプテンを任されるからこそ、それはグループとしてよくしていかなきゃなって思ったので、レッスンのやり方とか、自分なりにどうしたらグループが良くなるのかな?って毎日毎日考えて。それを今実現できてきてるので、そう考えると今年1年ホントいい年だったなと思います。 -2人辞める時に、やっぱりヤバいと思いました? 平口みゆき すっごい、ホントにヤバイと思いました。個人個人、すごい個性があるグループなので、その辞めてしまった2人も、もちろんいい所があって、みんなが集まるからこそ、いいpaletだったから、そっから抜けてしまったら、その分の補充は誰がするの?みたいな。その抜けてしまった子が、スゴイ元気で、飛び抜けてとんでもない子とかもいたので、なんか、そういうキャラがいなくなったら、どうしたらいいんだろうって。でも自分がそれを代わりにやっても当てはまらないだけだから、ならば、もっと自分の個性を出してまた新しいpaletを作れたらなって思ったので、そこは、自分のキャラクターも相談しつつ、やりましたね。 -紅白でも、アイドルの出場が少なくなるなど、アイドル業界も2016年変わっていきそうです。 平口みゆき 色々なメディアでもっと露出もされたいという気持ちもあるんですけど、やっぱり、アイドルって言ったらライブっていうイメージがすごくあって。さっきゆいちが言ってくれたみたいに、個人個人もだんだん自分のライブでのあり方を見つけてきた気がするので、そういってライブで魅せれたらなってスゴイ思いますね。 -ライブパフォーマンス? 平口みゆき 煽りとか、歌とか、やっぱり歌声も違ければ、表現の仕方も全然違うので、そういった個人個人の、やっぱpaletなんで、カラーを出していけるライブをしていけたらなってスゴイ思うし、だから、ライブにたくさん遊びに来て欲しいです。 藤本結衣 私、ライブやるために生きてるんじゅないか?ってくらい、ライブがホントに好きで。ライブをやりたくて今アイドルをやっているので、ライブが資本のアイドルでいたいですし、夏に7大都市ツアーをやらせて頂いたんですけど、その時に、もっとたくさんの場所に遊びに行くっていう約束をしたので、来年2016年はもう少し幅を広げて、たくさんの地域の方に直接見てもらえるようなアイドルになれればいいなって、今思ってます。 平口みゆき 最初は「王道ピュア・アイドル」ってpalet言われてて、そういう形があった中でライブしてたんですけど、何か最近はもうそういうこだわりはいいんじゃないかな?ってスゴイ思い始めて。自分たちが、そうやって個人個人でやりたいときに、ガツガツ煽りたい時は煽っていいし、王道な曲をやってる時はアイドルらしくとか、なんかそういう形にしばられないで、王道ピュア・アイドルって言われたとしても、自分たちが楽しかったら、ファンの皆さんも楽しんでくれると思うので、そういう一体感みたいなのがスゴイ売りにしていきたいなってスゴイ思います。 -武道館には立ちたい? 平口みゆき やっぱりでも武道館は立ちたいっていう夢はありますね。 -なんで、アイドルはみんな武道館に立ちたいんでしょうね? 藤本結衣 なんか、特別感がスゴイある気がしちゃいますね。 平口みゆき 武道館で卒業されるアイドルの方もやっぱり多いから、自分もちゃんとそういう大きい所で卒業していきたい。 -いきなり卒業の話に(笑)。 藤本結衣 それを目標にしてるの、ここで出すの止めてくれる~(笑)。 平口みゆき 私はちゃんと最後までいます(笑)。 藤本結衣 突然、フラグが立ちましたね。 -とりあえず、武道館を目指す。 平口みゆき いつかは卒業、アイドルはしなきゃいけないんでそれまでに大きなことを残せたらいいなって思います。 藤本結衣 そうですね。ホントに最近思うのが、やっぱりこう、メンバーが卒業していくと、それと同時に、ファンの方がアイドル、もちろんpaletもそうなんですけど、来なくなるって言ったらオカシイんですけど、そのアイドルの子が好きだったからこのグループにも来なくなる、じゃないですけどそういうことって多いと思うんですけど。やっぱりそれだけじゃないグループでいたくて。自分が例えばいつかpalet卒業した時にも、そのpaletっていうグループに何か残していけるようになりたいなってのをスゴイ思ってて、自分がいなくなったから、じゃあ応援するのを止めるとかじゃなくて、やっぱりこう、自分がいたグループを、グループとして好きでいて欲しいし、そのファンの人がいつか他のアイドルに推し変したりしても「ああ、そういえば藤本がいたな~」みたいな。やっぱ、アイドルもいてこそ、色んなアイドルの魅力がわかるし、でも、やっぱ、どっかに、心にずっと居続けられるアイドルでありたいなってのが、すごい思いますね。印象に残りたいです。 palet LIVE 2015 年末スペシャル!! 日程 2015年12月28日(月) 会場 赤坂BLITZ 開場 18:00 開演 18:30 前売料金:スタンディング3500円 当日4000円 2階撮影可能席 10000円 各税込 ドリンク代別 チケット一般発売中