カリスマNo.1キャバ嬢 愛沢えみりが教える 「愛される女性の特徴」~内面編~
今年こそは彼氏とのクリスマスを過ごそうとって思っていたのに、結局イルミネーションを友達と見ながら横目でデートするカップルを羨ましく思ってはいないでしょうか? そんな女性の為に、今回は1日の売上が約3,000万円という記録を残したキャバ嬢界のカリスマ歌舞伎町No1キャバ嬢、愛沢えみりさんに「愛される女性の特徴」を聞いてみました。 愛沢えみりさんは「キャバ嬢」として男性からの人気だけではなく、雑誌「小悪魔ageha」の専属モデルや、関西コレクション2014 A/Wで自身のブランド『EmiriaWiz』の衣装を着てランウェイを歩くなど、「モデル」・「社長」として女性からの支持も高い。男女問わず人気者のえみりさんを目指すべく「愛される女性の特徴」になる為の秘訣を内面編と外見編、二回に分けてお話してもらいましょう♪ カリスマNo.1キャバ嬢 愛沢えみりが教える 「愛される女性の特徴」~外見編~ ①自分を高めようと思う女性 愛されるという事は、他の誰かじゃなくて自分を選んでもらうという事。何も考えないで行動するだけだと、他の人と同じだから、誰かの為により良い自分になろうと思って行動する事が大事だと思います。「人に変わってもらう」じゃなくて、「自分が変わる」という事です。 その為には、まず自分自身の「良いところ」と「悪いところ」を見つめ直す事から始めます。私は色んな人の意見を素直に聞くようにしていて、普通は自分を褒めてくれる人と話をしたいと思うんですけど、私は自分の悪いところをハッキリ言ってくれる人とあえて話すようにしてます。仲の良い女の子だったら似ている部分があったりして、なかなかハッキリ言ってくれないけど、普段話さない人や苦手だなと思っている人はハッキリ言ってくれると思うので。でも、悪いところをすぐに直すのは難しいから、良いところを伸ばしつつ、悪いとこも直そうって思うだけで、結果は違ってくると思います。自分の限界を決めないで、自己分析をして自分を高めて他の女性よりも良くなろうと思う努力が大事なんじゃないかなって思ってます。 ②いつも明るく笑顔な女性 暗い雰囲気で話していても誰も良い気持ちにならないけど、楽しもうと思って何でも笑うようにしてると、自分も楽しくなってきて相手にも楽しさが連鎖するんです。だから話が弾まないって時でも、いつも明るく笑顔で接するとうまくいく事が多いです。キャバクラで接客していても自分が笑っている事で、お客さんも楽しい気持ちになって雰囲気も良くなり、話が続きます。 大変だけど、疲れている時でもできるだけ笑顔。仕事の時も疲れた表情は出したくないし、プライベートでも自分と一緒にいてつまらないと思われないように、先に「疲れているから今日はごめんね。」って正直に伝えるようにしています。会話って、会話の内容じゃなくて雰囲気も大事だと思うから、良い話でも雰囲気が暗くて変に伝わっちゃう事もあったり。 人と人だから、「良い話をしよう!」と思っていてもその場の雰囲気次第で相手への伝わり方が変わるから、どんな話をする時でも雰囲気を暗くしないで「ハッピー!」と思いながら話をしています。 それでも、どうしても気分が落ちている時に話さなきゃいけない状況だったら、私より明るい人を交えて話したり。特に男性には絶対に感情のままダイレクトに相談はしない方がいいと思うな。 私が落ち込んだ時、明るい人に話すと元気になれるから、私も普段から明るく笑顔でいる事で相手に気分良く話してもらおうと心掛けています。 ③ネガティブな事をSNSに投稿しない女性 男性女性問わずネガティブな事をSNSに書き込むという行為は印象が悪いです。「疲れたー」とか「大変」とかマイナス発言をSNSに書く人がいるけど、それは絶対にやめたほうがいいです。それを見たって多くの人は何も思わないし、返ってくるのは言葉だけで、何も解決しないし、「病んでるのかな?」「適当な子なのかな?」「すぐ怒る子なのかな?」ってマイナスの印象が残るだけだと思います。あと、SNSは友達だけじゃなくて、第三者にも見られてしまうので会った事もない人にも悪印象に思われるのはもったいないです。 誰だって疲れる事はあるし、怒る事はあるけど、ほとんどの人はSNSには書かないので…。一人の時や本当に中の良い人の前だけ怒ったり、悩んだりしてます。みんながやっているSNSの時代だからこそ、自分だけの日記じゃなくて、みんなが見てるって意識をしないと自分だけ損しちゃいます。 ④感謝できる女性 「ありがとう」の気持ちを常に忘れないでいることが大事です。 キャバ嬢って、変に勘違いしている子もいて、お客さんが来るのが当たり前っていう感じで接客する人がいるんですけど、来てくれるお客さんは自分を選んできてくれているわけだから、しっかりと感謝した方が、相手も気持ちよく思ってくれます。逆に感謝の気持ちがないと、「なんだこの子」って思われてしまいます。普通の女の子でも奢ってもらうのが当たり前みたいのは絶対に良くないです。 逆に周りの子がそういう子ばっかりなら、ちゃんと言葉に出して感謝することで周りの子よりもポイントアップ。愛されるはずです! 感謝の伝え方は素直に笑顔でありがとう。が一番良いです。サプライズ的なものや何かプレゼントするとかよりも、シンプルに感謝の気持ちを伝える事だけの方が負担もかけないし良いと思います。感謝の気持ちを常に持って、小さい事でも「ありがとう」が言える関係の方が長くと思います。 ⑤目標がある女性 何も考えないで生活していても自分自身が成長できないから他の子と同じ自分のまま。他の人より愛されたいなら、何か目標を持って他の子と差をつけようと思った方が良いと思います。目標は何でもよくて、女の子だったら仕事じゃなくて結婚でも良いと思います。将来子供が生まれた時にどうしたい、とか、ただ結婚したいではなくその先を考えて相手を選んで、その男性と釣り合うような自分や生活スタイルにしようって考えたりして、結婚という目標を立てます。目標を持っている人と、目標を持っていない人だと一日の使い方が全然違うはず。 私も昔は「楽したいからに結婚したい」ぐらいで目標持っていなかったんですけど、キャバクラを始めてしばらく経って、キャバ嬢で頑張りたいと思ってから変わりました。やってない人からしたら、キャバ嬢で頑張るっておかしいかもしれないですけど(笑)生まれて初めて自分から頑張ろうって思いました。当時は付き合ってた彼氏と結婚できればいいと思って生活していたので自分自身に目標がなかったんですけど、別れたら何もなくなってしまって(笑)生活の為にキャバクラを始めたんですけど、そこから人に負けたくない!、NO.1になりたい!、ずっとNO.1じゃなきゃ嫌だ!、昼間の世界で頑張りたい!と徐々に目標を持ちながら生活していた結果、なぜか今のアパレル業にたどり着きました(笑)。 もちろん今後の目標もたくさんあります!キャバ嬢をはじめた時自信がなくて、かわいい物をたくさん身に付ける事で自信を持つ事ができたから、そういう可愛いからもらえる自信を発信していきたいんです。洋服だけでなく美容・コスメ、内面など女の子が自信になれるものを提供していきたいなと思っています!何か目標を持っている女性はキラキラして見えると思います。ほとんどの人が手軽なバイト感覚で、普通の仕事じゃないと言われるキャバ嬢という仕事。人に誇れるような仕事じゃ絶対にないけど、みんなが真面目じゃない環境で、自分だけ真面目で一生懸命に仕事をしているカリスマキャバ嬢は目標があり、みんなキラキラしてました。 昔からポジティブだったわけではないですし、特に目標もない女の子だった私。 おかしいかもしれないけど、キャバクラで働いたことで全てが変わりました。 キャバクラはお客さんがいて成り立つ仕事なので、まずお客さんの事を最初に考えるようになりました。そして相手にどう思われたいか?どうしたら喜んでくれるかを考えていたら、自然と指名を貰える方法の答えが出てきました。 もちろん失敗する時もあるので、そういう時はきちんと謝ります。それでも、相手の事を考えるのと考えないのじゃ大違いです。最初から自分に好意を持ってくれる人なんてほとんどいません。相手は変わってくれないから、自分が変わるしかないですよね? みなさんがキラキラした愛され上手な女性になって貰えたら嬉しいです! ■ 愛沢えみりについて 1日の売上が約3,000万円というキャバ嬢のカリスマ。歌舞伎町No1キャバ嬢として、 雑誌「小悪魔ageha」にスカウトされ、2011年から専属モデルに起用された。 キャバ嬢としても未だ現役で、2013年には自身のブランド『EmiriaWiz』を立ち上げる。キャバ嬢・モデル・社長と3つの顔を持つ日本一のキャバ嬢。 ■ 『EmiriaWiz』について 2013年7月立ち上がった愛沢えみりが代表を務めるアパレルブランド。 愛沢自身がキャバ嬢として駆け出しだった頃、「可愛いものを着たり、持つ事で勇気や、元気をもらえた。」という事から『いつもかわいく』をコンセプトにした流行に左右されない可愛さを追い求めるブランド。『EmiriaWiz』の名前の由来は【あいざわえみり】をローマ字読みにし、入れ替えた名前であり、自分のルーツであるキャバ嬢「愛沢えみり」のままで成功したいと思いから付けられた。 同ブランドは、インターネットのみの販売ながら、月間2億円の売上を突破したこともあり、109で行った期間限定SHOPでは歴代1位の売上に輝き、話題を呼んでいる。公式サイト