岩佐美咲(AKB48)新曲MVで早着替えに挑戦
来年デビュー5年目を迎える岩佐美咲(AKB48)、2016年1月6日発売の5枚目のシングル『ごめんね東京』のタイトルが発表になり、同時に最新アーティスト写真、ジャケット写真、そしてミュージック・ビデオも公開となった。 デビューシングル『無人駅』から、これまで4枚のシングルを発売し、前々作3枚目のシングル『鞆の浦慕情』では、オリコン週間総合シングルランキング1位を獲得(2014/1/20付)。当時10代の演歌アーティストとしては27年7ヵ月ぶり。また、シングルのTOP10入りは3作連続となり、女性演歌・歌謡アーティストでは、実に40年11ヵ月ぶりの快挙を達成するなど、数々の記録を生み出してきた。 今年も11/7に東京体育館にて開催された日本のポップカルチャーを世界に向けて発信するイベント「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO」(通称:もしフェス)に初出演、女性演歌歌手として“日本の心”を象徴するようなステージで魅了するなど、演歌歌手として活動の幅を更に拡げてきている。 今回のシングル『ごめんね東京』もこれまで同様、秋元康氏によるプロデュース。前作『初酒』の明るい曲調とは打って変って、21歳を迎える岩佐が大人の女心を切なく表現した哀愁歌となっている。 MVは、茨城県大洗海岸で荒波をバックに1カメラ・ワンカットで撮影。間奏の度に変化していく岩佐の早着替えにも注目して欲しい。 岩佐美咲は、新曲に関して、「おはようございます( *’ω’* )!1/6発売の新曲のタイトル&PVが解禁になりましたーー!!タイトルは『ごめんね東京』です!相手を想い身を引き東京を去る、切ない女性の恋心を歌っています。皆さん応援よろしくお願い致します!」と自身のSNSなどでコメントしている。今後は予約・発売イベントも各地で予定されている。 また、21歳の誕生日でもある来年1/30(土)には、自身初となるソロコンサートを浅草公会堂にて行う予定。ロビーでの衣裳展示や、コンサート中に歌唱しながら客席を練り歩く岩佐を撮影できる時間を設けるなど、ユニークな企画も満載だ。特典付き先行チケットは既に完売、一般発売は12/19(土)から開始予定。