酸欠少女 さユり 再びノイタミナに大抜擢!アニメ「僕だけがいない街」EDテーマ
2016年1月7日よりフジテレビ”ノイタミナ”他にて毎週木曜日24:55〜放送開始の、大人気コミックのアニメ化となる「僕だけがいない街」のエンディング・テーマが決定したのだが、それがなんと、現代の「翳(かげ)」とその先の「希望」を歌った「酸欠世代」のアンセムソング「ミカヅキ」で衝撃的なデビューを飾った、19歳の2.5次元パラレルシンガーソングライター”酸欠少女”さユり という新次元アーティスト。 酸欠少女 さユりとは、”酸欠”した世界に対し独自の解釈で「光」や「翳(かげ)」を、アコギをかき鳴らしながら歌う、19歳の2.5次元パラレルシンガーソングライター。人と少し変わっている感性と価値観に、日々優越感と同じくらいコンプレックスを持つ 、酸欠世代の象徴=「酸欠少女」として自身の世界観を自身に定着させることに成功した、現実にいるような、フィクションのような…、いわゆる2.5次元を漂うアーティスト。活動範囲も、ストリートでライブをやったと思えば、インターネットの世界のみで活動したりと、まさに2.5次元を地で行くような活動をするのが特徴。 また、数々のプロジェクトを手がける国内外で活躍中のビジュアルアーティストYKBXとのコラボレーションにより新次元で壮大に構築されていく新機軸のビジュアル展開も大注目な、新世代アーティスト。 現実の世界に息苦しさを感じる「酸欠世代」の心情をアコースティックギターをかき鳴らしながら歌う、虚構と現実の狭間に存在する。それが酸欠少女「さユり」なのだ。 そんな彼女のデビューソングル『ミカヅキ』は、同じくノイタミナ他で放送されたアニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」のエンディング・テーマとして抜擢され、その荒削りな美しさが作品世界と激しくリンクし、アニメファンからも絶大な指示を受け、iTunes総合チャート最高5位、ロックチャート20週連続1位、オリコンシングルデイリーランキング最高12位とデビュー作からヒット。渋谷TSUTAYA前でストリーライブをすれば500人以上の人が集まり騒然となるなど、その歌世界に共鳴するさユりマニアが続出。 彼女の繊細で脆く、美しく無垢な、聴くものの心に寄り添い孤独を優しく抱きしめて希望を感じさせる歌声が心を掴み、急激に増幅を続ける「さユりマニア」現象と、そのアーティスト性・歌声がアニメ関係者の心と共鳴し、「僕だけがいない街」のエンディング・テーマに大抜擢されることとなった。 「僕だけがいない街」は、過去と現在が連動する、超感覚サスペンス。悪事を察知すると“再上映(リバイバル)”というタイムリープ(時空移動)現象に巻き込まれる主人公・悟が、遡った時間から事件や事故の原因を探り、謎を解き明かしいていく、「時間逆行」サスペンス。 原作は、三部けい氏原作で、既刊6巻までの発行部数が167万部、2015年漫画大賞4位など、大人気のミステリーコミックで、今年6月にアニメ化を発表以来、漫画ファン、ミステリーファン、アニメファンの間で話題沸騰の作品。 その大人気コミックの待望のアニメ化作品のエンディングを、”酸欠”した世界に対し独自の解釈で『光』や『翳(かげ)』をアコギをかき鳴らしながら歌う、酸欠世代の共鳴者”酸欠少女”さユりが担当するということで、過去、現在、未来と時空を超えてループした世界での「翳と希望」が歌われるエンディング・テーマが期待される。 未完成で不完全な自分を「ミカヅキ」に例え、思い焦がれる「満月」を、羨望から自分の可能性とするべく、信じたいと進みはじめた19歳の”酸欠少女”さユり。 YKBKによる、息苦しさの中にささやかな 闇(病み)を抱えつつも、泳ぐよう過去・現在・未来を漂う「さユり」独特の心情をつぶさに表現したビジュアル、現在147万回再生を超える、新次元の映像による、美しく大胆に描かれた壮大な現代絵巻「ミカヅキ」MVでの酸欠少女さユりの序章となる物語など、数々の新次元ビジュアルも記憶に新しい中、先日、酸欠少女さユりの新章を告げる、gifアニメによるティザービジュアルが解禁されたばかり。そこから早くもビッグニュースの発表。 過去から現在、そして未来へと、神出鬼没に活動する、過去と未来の時空の狭間に存在するようなアーティスト さユりの新章となる、時空と精神の狭間でシンクロするであろう「僕だけがいない街」エンディング・テーマに、大注目だ!