鞘師里保「モー娘。復活の立役者」ストイックすぎる素顔
モーニング娘。からの卒業を発表した鞘師里保。エースとしてモーニング娘。を更なる高みへ引っ張ってくれると期待されていただけに、モー娘。ファンのみならずアイドル業界全体でも衝撃のニュースとして受け止められた。 国民的アイドルグループとして一世を風靡した初期のモーニング娘。から、一時人気は低迷。その後、ダンスを主軸に生まれ変わり復活を果たした近年のモーニング娘。の主軸として活躍し、まさに「モー娘。復活の立役者」の一人が鞘師。深い愛情でメンバーを包み込み守ったのが2014年に卒業した道重さゆみなら、その圧倒的なパフォーマンスで他のアイドルファンの度肝を抜き、生まれ変わったモーニング娘。の象徴的存在だったのが鞘師だ。 それだけ重要な存在の彼女。 Perfumeを生み出したことでも有名なアクターズスクール広島の出身者として、加入当初から圧倒的なダンスを武器にエースとしての宿命を早々に背負った。元々兼ね備えていた才能に加え、日々努力を続けアイドルの中でも一二を争うパフォーマンス能力を身につけ、つんく♂が仕掛ける実験的なサウンド、ダンスにしっかりと応え続けてきた。鞘師という存在がなければ、つんく♂が思い描く新しいモーニング娘。の世界観は作り出せなかっただろう。それくらいに、鞘師の存在は大きいものだった。 もしかしたらすでに卒業のことを考えていたかも知れない今年の4月、筆者は鞘師に単独インタビューを行っている。 その中で語られたのは、まだ高校も卒業していない年齢の彼女が、しっかりと思い描いているモーニング娘。の未来、そしてエースとしての重圧について意識をして考えていたことだ。自分が、モーニング娘。を引っ張っていることをしっかりと認識。その名前の重さも大きさも覚悟し、その上で圧倒的な見えない努力を続けてきた。だからこそ、ファンも鞘師に惹かれ、メンバーも鞘師に負けじと頑張れるのだろう。 この年頃の少女がここまでストイックになれるのかと驚いた記憶がある。精神構造は若くして活躍するトップアスリートに近いのかもしれない。そのくらいに、研ぎ澄ますように己を鍛え続けていた。 モーニング娘。メンバーとして最後までダンスを、歌を届けたいと言い続けていた鞘師。今後は留学をする予定だというが、ハロー!プロジェクトには引き続き在籍と発表されている。 ソロアーティストしてデビューするのか?グループでまた活動をするのか現時点では何もわからない。しかし、鞘師がさらなる努力を続けまた我々の前に出てきてくれることは間違いないだろう。