MISIA紅白歌合戦3年ぶり出演 戦後70年企画で故郷長崎から熱唱
「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」をテーマに掲げる第66回NHK紅白歌合戦で、紅組特別枠としてMISIAの出演が決まった。 これは戦後70年の特別企画として、MISIAの故郷である長崎からの中継となるようだ。 MISIAは今年8月、NHK戦後70年特別番組「戦争や原爆の記憶を語り継ぎたい」と子供たちと語りあった。この番組ではMISIAが子供の頃、祖父から聞いた戦争体験を元に書いた作文「子供に語り継いでいきたいこと」も紹介され、彼女の平和への切なる思いも描かれた。 今年は戦後70年という節目の年。夏の番組で平和への思いを新たにしたMISIAが、紅白で歌声を届けてくれる。MISIAの紅白への出演は、2012年アフリカ・ナミビア共和国からの中継以来、3年ぶりとなる。 <MISIAコメント> 世界はまだ混沌の中にあります。戦後70周年のこの企画で、伝統ある紅白歌合戦に再び参加できますことを、大変光栄に思っております。2016年が平和で良い年になりますよう心を込めて歌います。