イケVプロジェクト ニコファーレ公開オーディションで白熱のパフォーマンス
11月26日(木)に「イケVプロジェクト」のボーカリスト最終審査公開オーディションがニコファーレにて行われ、その模様がニコニコ動画で生中継された。 「イケVプロジェクト」とは、日本を代表するヴィジュアル系バンド「シド」のヴォーカル・マオ、「ゴールデンボンバー」の編曲・レコーディングやギタリストとして作曲などの幅広い音楽制作を手がけるtatsuo、日本ダンス界の革命児であるカリスマカンタローの3人が発足した一大プロジェクト。ヴィジュアル系とダンスの異種コラボレーションバンドをプロデュースし、行く行くはメジャーデビュー&マネジメント契約のチャンスを与えるという夢のような企画だ。 プロジェクトの行方を追うニコ生の番組「イケV プロジェクト#5」は前回の予告通り、観客を入れ込んでのヴォーカル公開オーディション。六本木・ニコファーレには新しい才能を生で見届けようとたくさんの観客が駆け付け、熱気であふれていた。MC星野卓也の呼び込みでプロデューサーのtatsuo、マオ、カリスマカンタローが登壇し声援を受けた。 ヴォーカルのオーディションの前には、ギター、ベース、ドラム、ダンス部門の二次予選通過者がVTRで発表され、会場はどよめきに包まれた。この結果を受けtatsuoは「優秀な人、たくさんいましたね。でも厳しい目で選考しました。」と述べ、カンタローも「人数をかなり絞りました。基本が上手いのはもちろん、延びしろを重点的に見ました。」と語った。 いよいよステージでのヴォーカルオーディションがスタート。実質このステージでのパフォーマンスが最終審査となり、この結果を踏まえてヴォーカルが決定するということで、観客も緊張を隠せない空気。ユーザーの書き込みにも緊張感が走る。 2次審査通過者11名のうち9名が三次審査に臨み、Ke-go、鈴木祥亨、Rio、NANCY、KEIN、SiYUNT、jun、Z-AL、斎藤一の面々が課題曲であるシド『モノクロのキス』と自身で選曲した2曲をパフォーマンス。中にはライブさながらに観客を煽る者もいて、熱いステージが繰り広げられた。 3人のプロデューサーズも時には優しい言葉を掛け和ませたりしたが、ステージングの弱点をズバリ指摘されたり、音程や表現について厳しい指摘を受けるなど、終始緊張感の漂うオーディションに、候補者は必死に自分をアピールした。 全員のパフォーマンス終了後、「誰がよかった?」のユーザーアンケートが行われ、この結果も審査に加味されるという。 最後に審査を終えたtatsuoは「僕の中では決まったかなって感じがしてます。ビビッと来た人がいます。」と発言、カンタローは「プロデューサーとしてファン心理を勉強しているんです。(アーティストの)生き様や心から語りたいことを歌に乗せてみんなに届けること。それらすべてが上手くいかないと、僕らがどれだけプロデュースしてもファンにはならないはず。僕らがそれを手助けする立場だと思っています。今日は原石を生で見られて熱量が上がっています。」と熱く語り、マオは「すごく楽しかったですね。失礼な言い方かも知れないけど、みんなちょっと可愛く感じました。やっぱり駆け出しだったころの自分と重なりましたよね。すでに愛着が湧いちゃって、9人編成でも良いかなって思っちゃいましたけど(笑)。あとみんなの意気込みが本気だったのでこのプロジェクトやってよかったと思いました。」と笑った。 次回のニコ生「イケVプロジェクト#6」は、いよいよ各プレイヤー部門の合格者の発表となる。放送は12月12日(土)18:00から池袋ニコニコ本社のニコぶくろスタジオから公開生放送。ついに「イケVプロジェクト」からV系ダンスバンド誕生なるか!? どんな展開になるのか楽しみにしてほしい。 イケVプロジェクト#6