きゃりーぱみゅぱみゅ 4万人動員したホールツアーが大団円!
きゃりーぱみゅぱみゅが昨日12月6日(日)、最新シングル『Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~』を引っ提げた、全国21公演4万人を動員する全国ホールツアー“Crazy Party Night 2015”の東京国際フォーラムホールAにて千秋楽を迎えた。 本ツアーは、これまでの“お城”や“おもちゃ箱”をテーマに演出してきたメルヘンでファンタジー感たっぷりのライブ演出とは一味違い、“Crazy Party Night 2015”というタイトル通りの「きゃりー主催のナイトクラブで開催される奇妙なパーティー」をテーマに始めてのDJを引き連れた演出に挑戦した。ナイトクラブ特有の妖艶な照明やセットをベースに少しだけセクシーな衣装にも挑戦するなど、22歳になり大人になったきゃりーぱみゅぱみゅを堪能できるライブとなった。 また、各会場の公演別に赤、青、緑、黄色、紫の5色のパーティーカラーを設定、来場者もそのテーマカラーを身に着けると特別な演出を楽しめるツアーとなっており、最終日のテーマカラーは「紫」。こちらも、奇妙なパーティーをさらに盛り立てる演出となった。 まずのツアーのタイトルにもなっている『Crazy Party Night〜ぱんぷきんの逆襲〜』のイントロが流れると赤、青、黄色、緑、紫のパーティーカラーに身を包んだセクシーな女性ダンサー、ドラッククィーン風の男性ダンサー総勢7名のパーティーダンサーズと、ゴリラのDJのパーティーマスターが登場しパーティーのはじまりを告げた。 1着目のきゃりーの衣装は、クレオパトラ風のヘアメイクに星柄のミラードレス。いつもより少し露出度の高いセクシーな衣装で登場すると、これまでと一味違う装いに歓声が上がった。 最初のMCでは、「今回はこれまでのライブと違って怪しげなナイトクラブがモチーフになってます! 中田さんが作ってくれたミックスがすっごいチャラくていい感じなので、みんなでわーっと!盛り上がれるライブになってるので最後までついてきてくださいね!」と元気いっぱいに挨拶した。 『CANDY CANDY』 、『チェリーボンボン』、『インベーダーインベーダー』など、サウンドプロデューサーの中田ヤスタカ(CAPSULE)によりremix、extendedヴァージョンとして作られた曲をテンポ良く歌い、デビューミニアルバム『もしもし原宿』からの懐かしい楽曲も披露すると観客も一気にヒートアップした。 2着目の衣装はショッキングピンクのフェザードレス。 鳥かごがコンセプトになって作られたきゃりーぱみゅぱみゅらしい斬新な衣装は、スタイリストと相談し、パーティーのオーガナイザーをイメージして出来上がったという渾身のスタイル。小鳥と共に、電飾が施された豪華で華やかな衣装となっていた。この衣装では、『ファミリーパーティー』、『きらきらキラー』などのアップテンポな曲だけでなく『きまま』などスローテンポの曲も可愛らしく披露。 続いて3着目の衣装は、パーティカラーの5色でデザインされたファードレス。 ヘッドアクセも同様にファーの付いたリボンを着用し、一番きゃりーらしいドレスとなっていた。『にんじゃりばんばん』、『つけまつける』、『もったいないとらんど』、『ファッションモンスター』などヒット曲を連発、ライブの終盤に差し掛かると観客も大合唱のセットリスト。そして、怪しげなSEが流れ始めると、「さて、楽しい時間もあっという間でこれが最後の曲になります。ツアータイトルにぴったりな曲『クレイジーパーティーナイト〜ぱんぷきんの逆襲〜』を歌います。一年中ハロウィンに染めてやろうと思ってますので、年中歌い続けます!」と楽曲に込めた想いを披露し、観客全員でゾンビダンスを踊り大盛りあがりでツアー本編は幕を閉じた。 鳴り止まないアンコールの後、恒例のピンクのうさぎの耳をつけたきゃりーが再び登場。 大声援が起こる中、いつものかわいらしい演出ではなくナイトクラブ風という大人ぽい演出に対して少しだけ不安があったことを「初めて挑戦することは、すごく勇気がいるけど、でもその分すごく楽しかった!」とツアーが大成功に感じていると語り、「今回のライブは来てくれているファンのみんなで作ってきたライブなので本当にすっごい楽しかったです!本当にみんなありがとう!」とファンに対しての感謝の想いも伝えると同時に、「来年はいよいよデビューしてから5周年の年になります!2016年はド派手にいきますので楽しみにしててね!!」と来年へ向けての意気込みにファンも大喜びの歓声で応え、大満足のツアーファイナルとなった。 きゃりーの衣装変えの間には、パワーライザーやBMX、ポイを使ったパフォーマーによる演出が施され、今まで以上に大人から子供までが驚く内容が凝縮された総勢11名のパフォーマーを引き連れた、全19曲100分の大盛況のライブとなった。