Blu-BiLLioN 歓喜の全国ツアーFinal!映画「薄桜鬼SSL」の主題歌も決定
2015年はドラマや映画とのタイアップ楽曲も次々に発表し、活躍の場を広げてきたBlu-BiLLioNが、12月4日に初の全国ツアー“Beyond the GENESIS”のファイナルを東京メルパルクホールで開催。来春のツアーとリリースも発表して、会場を歓喜の声で満たした。 7月にリリースしたアルバム『GENESIS』を掲げ、10月より全国13都市を回るバンドキャリア初の全国ツアーを行っていた彼ら。メロディックな楽曲と鍵盤を加えた繊 細なサウンドで“ホールの似合うバンド”を目指してきた6人だが、4度目となるホール公演ではあえてのシンプルな演出とステージセットで、各地のライブハウスで培ってきたバンド力を存分に発揮することに。3曲目に披露されたダンスチューン「Miss Mermaid」等、ビビッドでスタイリッシュなアルバム楽曲と躍動的なパフォーマンスに、客席では彼らのイメージカラーである青のサイリウムが揺れ、宗弥(Gt)も颯爽たるソロでギターヒーローぶりを刻みつける。 『東京シンデレラ』では軽快なリズムに乗ってミケ(Vo)、mag(Gt)、珀(B)が客席通路を後ろまで走り抜ける場面も。TVドラマ「メサイア-影青ノ章-」の主題歌『Resonance -共鳴-』からの後半戦では、ピリリとした緊張感を備えたパワフルかつスピーディーな展開をSeika(Dr)が牽引して場内を席捲。ミケも「今日はカメラ が入ってます。ノリが良かったら形に残るかもしれないから、気合い入れていくぞ!」と煽り立てる。さらにteru(Key)がテルミンで不思議な空気を醸す『star mind』、アカペラとピアノで聴かせる『with me』で透明感ある世界を広げながら、ファンキーにタオルが振られる『Ready?』まで、バンドの成長を多彩に見せつけた。 映画「メサイア」の主題歌である『心灯-こころび-』で壮大に幕開けたアンコールでは、主題歌『Refrain』を担当したTVドラマ「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」の劇場版でも主題歌を担当していること。その楽曲が収録されたシングル『S.O.S.』を2月3日にリリースすることを告知。ミケいわく「映画には僕らもちょっと出演している」とのことなので、2月6日からの劇場公開を楽しみにしたい。 ノスタルジックな「Refrain」をエモーショナルに届けた後は、「もっとワンマンやりたいから、来年4月にツアーを決めました」と、全国ツアー“TO BLUE UNIVERSE”の開催を発表。春は東名阪ツアー“TO BLUE WORLD”を恒例としてきた彼らだが、その拡大版として4月2日の長野LIVEHOUSE Jを皮切りに、ファイナルの5月8日・日本橋三井ホールまで全国10都市を回るという。2月14日にはバレンタインライブ“チョコレートビリオンと甘い夜”も渋谷WWWで行うとのこと。最後にファンへの想いを歌った『Sincerely yours』でオーディエンスと奏でた美しい合唱は、2016年、その輪をさらに広げてゆくはずだ。