「アイドル戦国時代は終っていない」アプガが宣戦布告
7人組アイドルグループ、アップアップガールズ(仮)が、12月6日(日)、東京・Zepp Tokyoにて、「ライブハウスツアー2015 ハイスパート RAVE FESTIVAL」のツアーファイナルを開催した。 アプガの年末恒例行事、通称“ハイスパ”名義のツアーは、2時間ノンストップで、メインステージと会場のフロアに設置されたステージを使い、昼と夜の1日2公演行う、最も過酷なスペシャルライブ。今年はメインとサブの2ステージで、さらに進化した激しく楽しい「ハイスパート RAVE FESTIVAL」を見せてくれた。 ライブは『全力!Pump Up!! Remix』からスタート。続けざまに、バウンシーな新曲『Shout!!!!!!!』を畳み込む。パワー全開で跳ねまくるメンバーに応え、観客もすでにハイボルテージ。エレクトロニックなダンスビート、レーザー、カラフルなライティング、そして映像作家ホンマカズキのVJと、まさに“RAVE FESTIVAL”の名にふさわしい空間だ。 フィジカルトレーナー足立光の「アップアップエクササイズ」で、メンバーと観客は一緒にウォームアップ。そして、『お願い魅惑のターゲット』『キラキラミライ』など、キャッチーなアップチューンを披露。『ENJOY! ENJO(Y)!!』では、メンバーがビーチボールや、自撮り棒を使って大はしゃぎ。 『UPPER ROCK』『青春の涙』を交互にエモーショナルに歌い、『サンタクロース』『Starry Night Remix』で繊細かつしなやかなパフォーマンスを見せる。 古川小夏が振付演出を行った『全力!PumpUp!! WILD PARTY Mix』では、ダンスバトルを見せ、マントを纏った7人全員で、切れ味鋭いダイナミックなダンスを披露。そして、7人がマントを広げるとブラックライトで“(仮)”が浮かび上がる演出に観客は大歓声をあげた。 『美女の野獣』『(仮)は返すぜ☆be your soul』と、激しく攻め立てるナンバーを歌ったあと、“ハイスパ”はますますテンポを上げていく。『サバイバルガールズ』『アッパーカット!』『ジャンパー!』がミックスされ繰り返しながらBPMがぐんぐん上昇。メンバーも観客もカオティックな状態になりながら『アッパーレー』で、遂にクレイジーな沸点に到達し本編の幕を閉じた。 わずかなインターミッションを挟んで、“ハイスパ”名物の“リバースMIX”に突入。“リバースMIX”は、これまで披露してきた曲のサビを、逆の順番で遡っていくという狂気のアンコールと言っていい。もはや、メンバーも観客も汗だくと疲労を通り越え、ランナーズハイのような“ハイスパハイ”の領域までたどり着き、全員が笑顔というおかしな状況だ。さらにとどめの『アッパーレー』を披露し、怒涛の2時間4分5秒に渡った「ハイスパート RAVE FESTIVAL」はフィニッシュ。MCでは、2016年の告知として、全国47都道府県ツアーの最終公演となる沖縄最終決戦の開催と、1年半ぶりの待望のニューシングルが4月5日にリリースされることを発表。さらには、6月にZeppツアーの開催も告げられた。 関根梓は、「(仮)Tシャツから始まった衣装も、こんなに素敵な衣装を纏えるようになりました。このひとつのステージを立つにも、たくさんのスタッフさん、目の前にいるアプガファミリーのみなさんがアプガを支えてくれているのを実感しています。だからこそ、今日をむかえられたし、これからも歩み続けられると思います。でも現実は厳しくて、今日も満員にならなくて。それなのに、Zeppツアーを開催すると聞いて、正直大丈夫かなと思いました。アプガが目指しているのは、日本武道館です。でもほんとはそれ以上、もっとみんなを広い大きいところに連れて行きたいんです。来年こそは、日本全国の人に、一人残らずアプガを知ってほしいと思います。先日、福田花音ちゃんがアンジュルムを卒業して、どこかでません。まだ戦っているアイドルはたくさんいます。まだこの時代終わらせたくないです。アイドルから日本のポップカルチャーをもっともっと広げて、世界に広げていきたいと思います。来年も、みなさん応援よろしくお願いします」と涙ながらに語ると、会場全体は大アプガコールに包まれた。 アプガは、EDMからポップチューンを織り交ぜ、激しいパフォーマンスと魅せる要素をふんだんに盛り込み、2時間ノンストップライブをネクストレベルへと昇華させることに成功した。ダンスパートは、古川を中心にメンバー自身がアイディアを出し、自分たちのやりたいこともしっかりと見せることができた。そうした部分でも、メンバーの成長を感じさせた。 7人の渾身のパフォーマンスに観客も呼応し続ける、怒涛の一体感は他では味わえない。まさに、ライブ巧者のアプガだからこそできる、ライブ感とレイヴ感溢れる圧巻の「ハイスパート RAVE FESTIVAL」だった。