元SKE48佐藤聖羅「裸になる願望あり」
元SKE48のメンバーであり、現在はグラビアアイドルとして活躍中の佐藤聖羅が、待望の1st写真集『D.4862』(小学館)の発売を記念したイベントが、書泉ブックタワーで行われた。 9歳の時にグラビアアイドルを目指し、その頃にグラビアをやって有名になりたいという夢を持っていた佐藤だが、このタイトルは、そんな夢を見た9歳から写真集が発売(11月25日発売)されるまでの日数である。 ようやく夢が叶って発売された写真集だが、まず写真集を出した感想を聞いてみた。「やっと夢が叶いました。ファンの皆さんにもいつか写真集を出したら買ってねって言って約束をしていたので、やっとその気持ちに応えられたので嬉しく思っています」と話した。 その写真集のテーマは自然体。「クシャって笑ってシワが出来ていたり、ありのままを詰め込んだ作品になっています。撮影の最初も頃は恥ずかしいところもありましたけど、私は裸になる願望がありまして、日本では裸になってウロウロできないので、海外は開放感もありますし、罪悪感も無いので、爽快に撮れたと思います」と説明。 その中でもお気に入りのカットを聞いてみると「全裸でボディペイントしているカットです。ボディに描くのに2時間半くらいかかりましたけど、かなりお気に入りです」と振り返った。裸にこだわったカットが多い感じだが、実は家でも裸で過ごしているという。「夏場はいつも全裸です。裸で洗濯物を干したりもします。写真集で裸にはなりましたけど、さすがにオールヌードの写真集は出せないですね。私は乳首に自信が無いんですよ(笑)」とおどけてみせた。 ようやく写真集を出せたのだが、次なる目標は何か聞いてみると「グラビアだけでなく、演技やおしゃべりも勉強しなくてはいけないので、来年は演技の方も力を入れて頑張っていきたいと思います。その目標は5年以内に達成したいです」と意気込んだ。