指原莉乃 山里亮太が思う理想の女性像にドン引き
4日放送の「アリよりのアリ~理想の男女をビジュアル化~」(TBS系列)へ指原莉乃、山里亮太、山本モナ、羽田圭介が出演。 この日の放送では山里亮太が理想とする女性を探していくこととなり、指原は「山里さんは顔とかじゃなくて性格で選んで欲しい」と注文。しかし、選考段階で色々と女性へのこだわりを話し「ミニスカートは嫌だな、一番可愛いのはリクルートスーツだな」と真顔で話す山里に、指原は思わず「キモい」と早くもドン引き。 本気で女性を選考した山里に「気持ち悪かったですね、本当にリアルなんだって」と話せば山里は「お見合いだと思ってきている」とガチモード。 報道よりの女子アナが好きという山里、目の前に座っている山本モナが元々は放送よりのアナウンサーだったことでタイプなのかと本人から聞かれると「どうなったらそうなっちゃうんですか!」とマジ質問。これには、山本モナも苦笑いをするしかなかった。しかも、なぜか羽田圭介も山里が選んだ女性を気に入り自分も告白したいとワガママを言い出す。   山里の「レベル高いアピールの女」が大嫌いという話には、共演者がみな共感しながらも余りに暴走をしていく山里に「偏見ありすぎ」と段々と指原もついていけなくなる。家族の話をする女が好きと話せば「結構歪んでいる、こだわりが強い」と更に引き、山里のお父さんが週に一回部屋の片付けに来ると話すと「女性だと嫌ですよね」と完全にドン引きモードに。   さらに、「ワンランク上の笑いがわかる女」を条件に上げると「やだやだやだやだ」を連発し「自分のことワンランク上の笑いって思っているのが嫌だ」と拒否するレベルでドン引き。山本モナにも「山ちゃんは頭が悪いから」とまで言われ、完全に自信喪失状態の山里。   最後は理想の女性に羽田圭介と共に告白するも二人とも、当然のごとくに断られてしまった。 写真(C)AKS